あけましておめでとうございます!

個別指導塾の学習空間、藤枝北・焼津小川教室の村田です!

 新年あけましておめでとうございます。今年もどうかよろしくお願いいたします。

 センター試験まであと1週間、私立高校入試まであと23日、公立高校入試まであと51日となりました!受験一色になってまいりましたが皆さんはこの冬休みにしっかりと勉強できたでしょうか。残り少なくなってくると焦り・緊張がでてきてしまう人がほとんどだと思います。あとは自分の力を信じて受験に突き進むのみ!あとは体調に気を付けてくださいね!今年はいつもと比べればだいぶ温かい冬ですがインフルエンザも広がってきているので気を引き締めたいところです。

 公立高校の入試むけにアドバイスをしておきたいと思います。

 国語→問題を解く順番を考えましょう!漢字は6問で難しいものは出ません。(書きに関しては小学校5/6年です)次に作文に取り掛かりましょう、6点分ありますし点数をもらいやすいはずです。最初から解いていくと古文あたりで時間が足りなくなってせっかくの点取り作文が0点に・・・というのも作文は字数が規定数いっていないと問答無用で0点になるからです。50分という時間を考えながら解きましょう。あとは答えは文の中に”必ず”あることを意識して練習してください。

 数学→問1の計算は12点分あります。ここは絶対に落とさないようにしてください。計算プリントをいつもやっているみんなならできるはずです!問2は作図やちょっとした基礎的な問題、資料の整理、確率です。特に取りやすいのは資料の整理と確率ですのでここで4点以上稼ぎましょう!あと比較的点がとりやすいところは関数の初めの2問、空間図形の1問目あたりでしょうか、平均点が23あたりだと考えるといま挙げた部分は落とせない部分になりますね。数学に関しては毎年出題形式が変わらないのであとは単元別で類題のあるテキストがありますのでひとつひとつ潰していきましょう!

 英語→国語と同様に時間配分、解く順番が大切になります。英作文は泥沼にはまることがないように厳しそうだったら会話文・長文読解を先に行きましょう!長文では必ず動詞の活用をさせる問題がでます。特に過去形・過去分詞をかけるようにしておくのは絶対です!英問英答ですがこれは何語でという指定はありません。極論いってしまえばYes NOとかいたりいくつ?と聞かれていればFiveなどこれだけでOKです!あとは傍線部について理由を聞いたりする問題がありますがこれは必ず傍線分のすぐ前か後のところを日本語に訳せればそこが答えになります。

 理科→最近難しめ?になってきている科目です。問題の文章の量も多いです。それだけでびびってしまう人がいますがきちんと数字の部分などにチェックを入れて必要な数字をすぐに出せるようにしておくのがいいかと思います。計算ばかりに気を取られがちな理科ですが意外と基本的語句を聞いているものも多いです。計算ではまいかい4問~5問くらいでます。中には地雷みたいに難しいものもあるのでその場合はさっと流して解かないものがあってもいいと思います。理科は実験の問題がでます。何のためにやっているのか、それによってどのような結論になったのかなど考えるように意識しましょう。

 社会→知識の丸暗記だと思っている人は考えを改めたほうがいいと思います。もちろんある程度は知識もありますがそれ以上に当日知らないグラフから何が読み取れるのか、なぜこういうことになったのか、など読み取りの問題が大半をしめており、記述が多いです。読み取りの練習をしましょう!あとはわからないから答えをかかないひとがいますが部分点をもらえることも多い(平均点の高さがそれを物語っている)のであきらめないで自分なりに書くように練習しましょう。

 ざくっと書きましたがほんとに取り組みひとつで全然かわってきますよ!解きなおしもそうですがただ答えを書いてきてやり直ししましたなんて甘い人は今すぐやめてください。解説の途中をかいたりしてわからない部分はわかるまで徹底的に追及しましょう!ここで泥臭く頑張った人は受験のあと高校・大学・社会にいったとしてもうまくやっていけるはずです!ほんとうにあと少し、頑張っていきましょう!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA