ルートのルーツを探る

個別指導塾の学習空間、富士吉原・裾野教室の及川です!

最近梅雨もあって天気の良くない日が続いていますね。
部屋がじめじめするのでエアコンの除湿をいつもつけています。
早く梅雨が明けてくれると嬉しいです。

さてこの時期、中学三年生は新しい「数」を習います。その名も平方根!
二乗の元の数の事ですね、英語ではルートと言います。
この平方根を言葉から読み解いてみましょう。

そもそも英語での呼び名の「ルート」とは「根っこ」の事です。
よく、自分のルーツを探すなんて言い方をしますが、その単数形が「ルート」です。
だから平方「根」なんて訳語があてられたんですね!
また、「平方」とはある数の二乗の事です。面積の単位に「平方メートル」とありますね。
1メートルを二乗したので「平方メートル」となるわけです。
そうすると、「平方根」とは「2乗した数」の「根っこ(元)」の数だという事が分かりますね!
ちなみに「平方根」以外にも「立方根」なんて言うものもあります。皆さんならもう言葉の意味が分かりますね!
数学では慣れも大切ですが、こんな風に言葉の意味を探っていくのも面白いし新たな発見があるかもしれません。
他にも知りたいことがあれば是非学習空間の先生に尋ねてみて下さいね!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

SNSでもご購読できます。

まずは1週間の無料体験学習をお試しください

コメントを残す

*

CAPTCHA