焼津小土教室

うぃーきゃん フレフレっ!

個別指導の学習空間 静岡中部エリア 焼津小川&焼津小土教室の上石です。

6月、今年も中体連の時期がやってきましたね。(正直2021年の半分が過ぎようとしているのも恐ろしい・・・。)

最終学年である3年生の皆さんは今回の大会を機に引退することとなりますが、最後の瞬間まで、1分1秒をあきらめることなくやり切ってほしいと心から願っています。
もちろん、文化部だから秋まで続くよ、という人もいます。
どちらにせよ部活をやれる時間はもう少なくなっているということ。だからこそ、友人と努力したり、自分を高めて目標達成を目指したりと、今できることに全力を尽くしてください。

色々と終わった後(これは受験や定期テストなどでも同様ですが)多少なりとも「こうしとけばよかったのに」とか、「まだこんなことが出来たはず」といった後悔が出てくるものかと思います。一生懸命にやるほど、後悔が生まれるものです。だから皆さんには、そんな後悔が少しでも後味のいいものになってほしいなと思います。
大事なのはその時感じた悔しさをまた味わわないためにどんな行動をするか、です。そうして自分の行動をアップデートすることが成長ですので。(実行するのってとても大変だし難しいんだけどね。)
学習空間で「間違い直し」をみんなにやってもらうようにお願いしていることの理由の一端が以上のことだと思っています。

コロナの影響もあり、直接試合会場で応援することもままならないのが残念ですがみんなの活躍を祈っています。そして、大会が終わった後、晴れ晴れとした顔で「大会楽しかった」といえるせいとがたくさん見れることを願っていますね。

以上、上石でした。

静岡県焼津市の塾なら個別指導の学習空間

A≠Φ 

個別指導塾の学習空間 静岡中部エリア
藤枝南&焼津小土教室講師の宮本です。

 こんにちは。少しずつ春から初夏へと季節が移り変わっていく様子を感じます。
教室のエアコンも除湿から冷房に切り替えようか悩むこの頃です。

 最近生徒から、「先生の趣味って何ですか?」と聞かれました。いくつかありますが、今一番したいのは旅行かなーっと、強く思います。コロナで旅行どころじゃないとは思いますが、私は旅行に関していくつかの目標があります。そのうちの1つが47都道府県すべてに行くことです。

 いままで、家族、小、中、高、大学のそれぞれの時代で多くの人たちと色んなところへ行ってきました。友人と北海道を1周したこともあれば、社員旅行でたこ焼きを20種類(!?)も食べたり、家族と真田信繁ゆかりの地をめぐることもありました。いずれも私にとって大切な思い出です。そしてこれからコロナ禍が明けたらまたどこかへ行きたいな~って思ってます。ちなみにあとは島根県・鳥取県に行ければ47都道府県全制覇です!

 あとはゲームもやります。ここ数ヶ月はモンハンが楽しいです(∩´∀`)∩
オンラインで学習空間の先生方と遊ぶことが多いです!
伊佐先生、内村先生、上石先生が上手なので追いつくのに必死ですが・・・笑

 それと数学も趣味ですかね。たまに難しい問題にチャレンジすることがあります。
そういえば、前回の私のブログで宿題が出てましたね。
 以下より解説します。

真偽を判定して下さい。
『要素の全てが空集合である集合は空集合ではない』

 答えは・・・になります!
 『要素の全てが空集合である集合』を言いかえると、『空集合を要素に持つ集合』ということですよね?この集合について考えると、要素が一つでも存在する集合は『空集合ではない』ので、命題で与えられた集合は空集合ではないと言えます。

 高校の教科書に載ってますので、わからなかった人はぜひ復習してくださいな(∩´∀`)∩
静岡県藤枝市・焼津市の塾なら個別指導の学習空間

NO GAME NO LIFE

個別指導の学習空間 静岡中部エリア 焼津小川&焼津小土教室の上石です。

宮本先生が話題に出してはいますのでご存知の方も多いかと思いますが、私は大のゲーム好きです。
やりすぎはもちろん良くないのですがゲームも意外と日常生活に必要な能力が身に着く要素があるんですよってのを今日お話ししようかなと思いますね。

周知のとおり最近はモンハンばかりをやっていて、ハンターランクも150を超え自分でもどこを目指してやっていこうかと、目標もあまり定まらない形であてもなく狩りに出ています(-_-;)
そんなハンター稼業でいったい何を考えているかというと「いかに快適にプレイできる装備を作るか」を考えています。
アクションはもちろん楽しいんですけど、戦闘が長引くとめんどくさくなる。ゲームして楽しいはずなのに陰りが生じる。そんな矛盾を抱えないために頭を使うのです。

敵モンスターの弱点を探して、自分はどんな能力を伸ばして対策していくのかを考える。
これを何度も続け、装備の更新が終わったら次は自分の腕を上げるために練習をする。

なんだか勉強も似たような雰囲気がありませんか?
よく「勉強はゲームに似ている」なんてセリフを聞くことがあります。

「敵モンスターの弱点を探す」←自分のできない単元や問題を見つける
「装備の更新をする」←教科書や始祖的な問題でルールを理解する
「自分の腕を上げる」←繰り返し問題を解き凡ミスを減らしていく

なるほど。
ゲームで毎回やっている流れって勉強と確かに変わらないな!
と、思いませんか?

今でこそモンハンばかりですが、中学生の頃は別のゲームに熱中していました。
そのゲームとは五目並べ、です。
学校の黒板ってよく見ると縦横にラインが引いてあって碁盤みたいになってませんか?
あれを利用して休み時間や放課後に当時仲の良かった男子2人と、合計3人で五目並べをしていました。
3人でってのが面白くて、本来1対1でやるゲームだからこそ使える“必勝の手”が使えなくなるんです。
勝敗がつく時、それは他の二人も見逃してしまうような小さなミスにいち早く気付いて利用できた時なんです。
めちゃめちゃ集中力が鍛えられました(笑)

レトロなゲームも、最近のゲームも私にとっては今の自分を形作るピースの1つです。
「楽しい」の中に成長できる要素があったらやっぱりお得だなと思っています。

「そこまで考えてないよ!!!」って人ほど実はもうすでに鍛えられているのかもしれませんね?

勉強との違いは、それに対するモチベーションの高さであるかとは思いますが、そちらについては我々講師も色んなアプローチを考えなくては・・・と。日々精進ですね。

以上、(ゲームやりすぎと自覚はしている)上石でした。

静岡県焼津市の塾なら個別指導の学習空間

気焔万丈!

個別指導塾の学習空間 静岡中部エリア
藤枝南教室&焼津小土教室講師の宮本です。

 こんにちは。少しずつ春らしい陽気になってきましたね。私は5月生まれなのですが、一年の中でこの時期が一番過ごしやすいな~って、思います。

さて、前回のブログで掲げた目標ですが、進捗はそこそこ順調に進んでいます!

①ダーツを始める。
はじめました!マイダーツも買いました!COUNT-UPというゲームでの自己ベストは541です!

②モンハンを始める。
パッケージにもなっているメインモンスターのマガイマガド、簡単なクエストであれば一人で倒せるようになりました♪上石先生の指導の賜です(笑)ハンターランクは96になりました。ラージャンは・・・いまだに怖いです。(笑)

③数学の勉強を始める。
数学って、やっぱり面白いですね。高校の頃は解けることが嬉しかったですが、今はすぐにはわからない難しい問題を見るだけでも楽しいです。

最後に宿題を一つ出しますね。
以下の真偽を判定して下さい。
『要素の全てが空集合である集合は空集合ではない』
答えはいつかまたこのブログで解説します。
(もしかしたら誰か別の先生が解説してくれる・・・かも?笑)

静岡県藤枝市・焼津市の塾なら個別指導の学習空間

なにはともあれ、体は資本。

個別指導の学習空間 静岡中部エリア 焼津小川&焼津小土教室の上石です。

いきなりですが、新年度が始まりましたね!

進級・進学した皆さんおめでとうございます!
進級した皆さんに私から一言。

「健康第一」です。

何をいきなり・・・と思うかもしれません。

恥ずかしい話ですが、実は私は中学1年生の4月に入院して中学生活のスタートを思いっきり滑ってしまったんです(汗)
胃腸炎だったのですが、入学式を終えて1週間たったころ、ものすごい腹痛で病院に行ったら「これは入院ですねぇ~」ってなりまして・・・。

何とか治して学校に復帰したのがゴールデンウィーク明けでした。
教室の掲示物には見慣れないものばかりがあって、友達はどんどん自分の知らない人との新しい仲良しグループを作っていて、とにかくいろいろなことにおいて出遅れている状態になってしまっていたわけです。

もちろん、勉強も。
私も勉強なんて大っ嫌いなので、ただでさえ出遅れてしまってよくわからない授業で点数なんて取れないから、どんどんやる気もなくなってしまいました。

部活に関しても、私はサッカー部でしたが、みんなポジションが決まっていて残るポジションがキーパーだけだからとやりたくもないキーパーをすることになってました。

何事もスタートってほんっとに大切なんですよね。

新生活を心から楽しんで過ごしていくためにも、皆様どうか健康を崩さないようにしていただければ、私はそれ以上に嬉しいことなどないと思っています。いやほんとに。

あ、あと新高校1年生のみなさん。
受験でなまりになまった体、落ちまくった体力は無理のないペースで戻していってくださいね!
いきなり運動しまくると血尿が出ますよ・・・。(経験談)

以上、とてつもないほどに運動不足の上石でした。

静岡県焼津市の塾なら個別指導の学習空間

ハンマーにします!

個別指導塾の学習空間 静岡中部エリア
藤枝南教室&焼津小土教室の宮本です。

さて、新年度が始まりましたね!
と言うことで、目標を3つ掲げます!
 ①ダーツを始める。
 ②モンハンを始める。
 ③数学の勉強を始める。

 ①については静岡東部の内村先生がプロ級の腕前を持っていらっしゃるので、教わりたいと思います(笑)彼が入社したての頃、お酒のあとにダーツでハットトリック(真ん中)を達成したのが印象的でしたね。・・・まずはマイダーツを買ってこないと(;・∀・)

 ②10年ぶりにモンハンを始めました。モンスターハンターライズっていうやつですね。オンラインで気軽にフレンドと遊べるので、最近は上石先生に操作方法を教わりながら遊んでいます。私はハンマーにしました!
静岡中部の上石先生、山梨の深澤先生、千葉南総の坂東先生、滋賀の伊佐先生、静岡東部の内村先生もモンハン買ったとか、買ってないとか・・・(笑)
とりあえず、マガイマガドが倒せねええええええ。+゚(゚´Д`゚)゚+。

 ③先日本屋さんで大学生向けの『チャート式 微分積分』、『チャート式 線形代数』という本を見つけました。チャート式と言えば、私が高校生の頃に活用していた最強の数学問題集です。難関大学を狙うのなら必須の参考書と信じてやまないチャート式から大学生・大人向けの参考書が出ているとは知りませんでした。数学は高校生までは得意と思っていましたが、それは違いました。大学に入ってから、上にはもっと上がいることを知り、打ちのめされたのを覚えています。とはいえ、自分の知見が狭まるのも嫌なので、これを機にまた少しずつ勉強していきたいと思います。

さいごに

 昨年度は大変なご時世の中、私の担当2教室を始め、静岡中部エリア、学習空間を応援して下さった全ての保護者様・生徒に、本当に感謝しております。今年度も生徒たちの夢・目標のため、その一助となることをお約束いたします。

今年度が始まっても数週間になりますが、おかげさまで上石先生と一緒に指導させて頂いている焼津小土教室では、中学3年生の枠が満員となりました。また小笠原先生と指導させて頂いている藤枝南教室も高校3年生の枠を満員とさせていただく予定です。

これもひとえに、地域の皆様方に支えられている学習塾なんだと、今日この頃、そしてこの一年間でより一層感じている次第です。今年度も頑張らせていただきます。よろしくお願いいたします。

静岡県藤枝市・焼津市の塾なら個別指導の学習空間

己は敵。しかし味方でもある。

個別指導の学習空間 静岡中部エリア 焼津小川&焼津小土教室の上石です。

今週は面談期間のなかで進路のお話やテストについてなど様々なお話をさせていただきました。

そのなかで、余談ではあるのですが私自身のお話をすることもありました。
なんの話かというと私が高校の時にやっていた部活の話でした。

私は陸上部に所属していたのですが、走・跳・投のいずれもやっていませんでした。
あ、マネージャーでもないですよ!

さて…正解は競歩です。
陸上競技場のトラックを、何を思ったのか12周半も歩き続ける競技をやっておりました。
今思うと「よくそんなことやってたな…」と思います。

そんな競歩ですが競技人口が他の種目よりもかなり少なく、チームメイトで競歩をしているのは私だけでした。
つまり、1人で練習をする機会がとても多いんです。
気楽でいいと思う方もいるかもしれません。

でもよく考えてください。手を抜くのも、厳しくするのも自由なんですよ?
めちゃめちや難しくないですか?
自分の実力を把握する記録会は(学校の定期テストのように)年に数回しかないものですから、その1回に向けてどれだけこつこつやれたのかはっきり分かってしまうんですよね。

幸いなことに(?)当時の顧問の先生が厳しく指導してくださる先生だったので、手を抜いたら簡単に見抜いてくるものですから1人であっても日々の練習をしっかりやりきることができていたのではないかと思っています。

なんだか勉強にも通ずるものがありますよね。
勉強も基本は1人です。
次のテストは6月の初めくらいで2ヶ月以上先になります。
前回のテストが終わって力が抜けたのか、お家の方で少し『だら~』っとしてしまう姿が見られるという話を先日の面談で聞くこともありました。

ちょうど今は春休み。
この休みで自分の生活を少しでも律することができる人は4月から先の生活にも大きな成果がついてくるかと思いますよ!

以上、上石でした。
静岡県焼津市の塾なら個別指導の学習空間

。゚(゚´ω`゚)゚。花粉んんん!!!!

個別指導塾の学習空間 静岡中部エリア
藤枝南教室&焼津小土教室講師の宮本です。

 こんにちは。もう春ですね♪
さて、みなさん、花粉症は大丈夫でしょうか。私は目、鼻、喉と三重苦で辛いです。゚(゚´ω`゚)゚。春の陽気は好きですが、それに伴う花粉症はほんとに辛いです。全国の杉の木を伐採するわけにはいかないのでしょうか・・・(真顔)

 さて、高3生・浪人生・中3のみなさん、入学試験お疲れ様でした。第一志望を受かった人、落ちてしまった人、まだ結果が出揃っていない人など、様々かと思いますが、ひとまず今はゆっくりとして下さい。

 今日は受験についてお話をさせて下さい。特に結果が出ていない今だからこそ、伝えたいと思います。私の教室の子たちにはよく話しているのですが、個人的には・・・
『高校や大学はどこでもいい』
と思っています。別に受験がどうでもいいというわけではありませんよ?頑張って勉強して合格したのなら、
『どこでも自分にとって最高の母校になりうる』
だから自分が行きたいと思うところならどこでもいい。・・・と考えています。もちろん他の考え方を持っていらっしゃる方も良いかと思っています。人それぞれですからね。

 だって、全力で勉強して、受験して、合格した高校・大学で、さらに頑張れれば、自分にとって最高の母校になるのは間違いないです。ですが、逆にどんな偏差値の高い高校・大学へ行こうと、進学した先でさらに頑張らなければ、進学した意味がありませんからね。もちろん偏差値高い学校の方が頑張っている子が多いので、上昇志向を駆り立ててくれる可能性はあります。ですが、伸び伸びと勉強できない可能性もあります。

 私個人で言うと、母校の高校は偏差値でいうと低い方ですし、大学にいたっては私立です。(←国公立落ちました(T△T))でも、進学してそこで勉強して良かったと思っています。卒業した今でも交流ある友人たちにも出会えました。今も学んだことが大いに役立っています。そもそも学歴は社会出たら関係ありませんからね。学歴が役に立つのは20代前半までじゃないのかな?そういえば、浜松で塾講師をやってた頃は、生徒に○○高校出身ですというと驚かれましたね(笑)

静岡県藤枝市・焼津市の塾なら個別指導の学習空間

ゴール地点はまだ先にあるはず。

個別指導の学習空間 静岡中部エリア 焼津小川&焼津小土教室の上石です。

先日、静岡県内の公立高校入試について皆さんがとてもとても気にしているであろう倍率が発表されました。
人それぞれに感じたことはあると思いますが、私個人としてはこの倍率というものはあまり気にしない方がいいと思っています。

その理由は「入学した後にそれぞれの高校で生徒に対して求められるレベルがある程度決まっている」からです。

どれくらいの点数を取る人がその学校に多いのか、高校の先生も大体のレベルを踏まえたうえで授業のやり方を考えます。
このレベル設定は各学校の平均ぐらいであることがほとんど。ぎりぎりの点数で入学した人からすれば当然そのレベルは高いものです。
そんな状態で学校の授業を受けると「この先生何言ってんだろう・・・。」となってしまいかねないわけです。

だからこそ、倍率という数字にとらわれず、高校に入学した後もおいていかれないように今ある自分の力を高めていくことが大切だと思います。

高校入試で合格を勝ち取ることがあなたの人生のゴールではありませんよね?
その先の未来に向けて、今まで通りの努力を続けていく皆さんを応援させていただきたいなと思っています。

以上、上石でした。
静岡県焼津市の塾なら個別指導の学習空間

Hanc marginis exiguitas non caperet.

個別指導の学習空間 静岡中部エリア
藤枝南&焼津小土教室の宮本です。

 こんにちは。入試真っただ中ですね (;´・ω・)

 突然ですが、皆さんは数学は好きですか?私は好きですが、得意ではないです(笑)

 先日、私の教室の高校生から(大学で習う)整数論の定理の吟味を依頼されました。非常に難しく、証明を丁寧に書くのに1時間かかっちゃいました。内容はとてもシンプルで、大学入試でも少し問われる内容なのですが、それのやや上位互換になると、こうも計算が面倒・・・いや大変になるとは思いもしませんでした。やはり数学って難しいなぁって思う次第です。でも楽しかったですよ♪

 また別の日も東京のとある先生から大学数学の質問が来ました。高専の生徒さんがいらっしゃるみたいです。こちらは私の得意な微分学・積分学を用いた問題だったので、解くのが楽しかったです。難しい問題を解き切った後って、山登りで頂上に着いた感覚と似ている気がするんですよね。達成感を感じます。

 またまた昨年の別の日も県内のまた別の先生から、大学入試の過去問(?)の質問がありました。LINEグループ投稿での質問だったので、何人かの先生が問題に目を通したのですが、私は村田先生とどっちが早く解けるか勝負しました。(結果は私の勝利ぃぃぃいいい\(^_^)/)

 数学の質問は来るたびに少しワクワクします。英語の長文はオチがわかる、社会であれば知らない知識を確認できる、といった感情もありますが、数学は答えが一つでも解法が複数存在するため、面白さは別格と考えています。解答に載っていない解法の場合も解の吟味を実施すればいいだけですからね。もちろん、個人的には物理が専門ですので物理学のほうが好きですし、歴史学も好きなので暇さえあれば知識をストックしています。最近は地政学というものに興味があります。

 最後にみなさんに宿題です。ネットで ”フェルマーの最終定理”、 “アンドリュー・ワイルズ” を調べてきてください。とても面白い数学の歴史を知ることができますよ♪

 おっと・・・ブログがこれ以上長くなるとあれですね・・・ここまでとします。

ブログのタイトル↓
Hanc marginis exiguitas non caperet.
日本語訳:
この余白はそれを書くには狭すぎる。
出典:フェルマーの『算術』の書き込みより

藤枝市・焼津市の塾なら個別指導の学習空間