2013年 5月 の投稿一覧

青春

 個別指導塾の学習空間、沼津東教室の村田です!

今年のGWは学習空間の卒業生と焼き肉に行ってきました。大学生活が始まって1ヶ月程たった状態での再会でしたが元気そうに生活を送っている様子でした。新たな生活にも慣れてきたらしく新鮮な感じで自分の昔を少し思い出しました。次の日は学習空間でのプチイベント、スポーツ大会(?)が行われました。清水町の体育館を借りてバスケットとバドミントンを久しぶりにやりました。ここ最近体を動かすこともなかったのでリアルに筋肉痛が(泣)・・・生徒は流石若いって思ってしまった→→年をとったなって実感してしまったのが切ないですが。いずれにしろもっと運動して健康を維持したいなっておもいました。

 久しぶりにこんな充実したGWを送ることができました。卒業生たちよ、次は一緒にお酒を飲みましょう!そして語らいましょう~

静岡の塾なら個別指導の学習空間

目標を決めよう!

個別指導塾の学習空間、富士吉原・富士西教室の深澤です!

もうすぐ五月も終わりですね!
五月は、中間試験もあり、中3生は修学旅行があり、色々とイベントがありました。

中間試験の結果を生徒と話し合い、今回の自分の点数を見て、今後どのように対策をして進めていくべきなのかを聞いてみた所、「私は、数学だと、計算ミスが凄くあって、今回テスト後にやり直しをした時には答えが出ました。多分テストだからと、焦ってしまったから間違えちゃったと思います。なのでテスト中の見直しもしっかりやっていきたい。」と言っていました。しっかり自己分析ができていて、次のテストまでに直す所を決めていて、正直驚きました。 
目標をまず決め、その目標を達成する為に何を普段からするべきなのかを考えると、勉強への姿勢も少しずつ変わっていくのかなと思います。 

もうすぐ夏がやってきます。夏休みは中学生・高校生にとって、復習ができる大切な時期です!それまでに、目標を話し合って、達成できるように一緒に頑張っていきましょう。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

定期試験始まっていますね♪

個別指導塾の学習空間、御殿場&富士吉原教室の吉田です!!!

新高校1年生の生徒は続々と中間試験が返ってきていて、反省会をやっております。

高校に入ってからの最初の試験で、戸惑っている生徒もいますが、
「大人になった」と思って、頑張ってもらいたいです。

ちなみに、私が行っている反省会のやり方はこのような感じです。
・取りたい点数を取れていた生徒
「今回、なぜ点数が取れたのか」を振り返らせる
そして、次回の目標点と取り組み方を考える

・取りたい点数を取れていなかった生徒
「勉強する予定だった範囲を終えることが出来たか」を考えさせる
終えられている→次回は、勉強する範囲を増やす
終えられていない→次回は、時間をもっと確保するor試験勉強を前倒しする

これはザックリと書いた形ですが、一回一回出来れば、成績は挙がっていくのではないかなと思います。
(一人だと、継続することが難しいのですがw)

高校生の皆さん、定期試験は年に5回です。
頑張っていきましょう♪

静岡の塾なら個別指導の学習空間

日々成長。。。

個別指導塾の学習空間、御殿場・三島北教室の植田です!

GWもあっという間に過ぎ…これからは修学旅行や。。。
みんな大好き中間テストがあるところが大半ですねww

さて、僕はGWはというと…
生徒たちと体育館借りきってスポーツしまして、次の日地獄のような筋肉痛に襲われました(涙)
日頃と使う筋肉がやはり違うんでしょうか、月1ぐらいでやれればいい息抜きになるかなと思ってます☆
中学生高校生の無限の体力を見ると歳を痛感させられました。。。

あとは足湯カフェに行ったり、のんびりドライブしたりとそれなりに充電できました☆

最近は塾の卒業生の近況を生徒が教えてくれることが多々ありますが、1年ぶりに声を聞くと雰囲気がすでに知っているころよりも大人に近づいてきてると感じさせられます。
LINEであったりメールであったりじかに顔を出してくれたりとうれしい限りです。

高校を卒業して働いてる子や進路について悩んでる子色々いますが、今しか出来ない悩みだと思ってるので大いに考えてくれればと思います。

僕も学生のころとは違う夢をまた見つけたので日々精進といったところでしょうかw

静岡の塾なら個別指導の学習空間

負けないように

個別指導塾の学習空間、沼津東教室の小笠原です。

GW中に卒業生とご飯を食べに行き、その次の日にバスケットや他のスポーツをしてきました。高校卒業以来なので、まだ2ヶ月ほどしか経っていませんが、彼らが必死に勉強していた机を見ると、彼らはもちろん、あったはずのたくさんの参考書やスケジュール表などがもうそこにはなく、とても寂しさを感じます。今回、全員ではありませんが、卒業生と会い、話をすることができとても充実した休みを過ごすことができました。彼らもこれからは自分達の進んだ道において忙しくなっていくと思いますが、若さを武器に頑張っていってほしいものです。
沼津地区においては、来週、中学・高校において中間テストがあります。今年最初の定期テストになるので、何とか僕自身も卒業生に負けないように生徒指導に全力を注いでいきたいと思います。
※卒業生のみなさん、次は夏頃またお会いしましょう(^O^)/

静岡の塾なら個別指導の学習空間

修学旅行直前

個別指導塾の学習空間、三島南&北教室の齋藤です。

新年度が始まり、1か月が過ぎました。
GWが終わり、新生活にも慣れてきた頃だと思います。
そういえば4月以降、昨年度の卒業生が来てくれることが増えました。
表面的には普通を装ってますが結構嬉しいものです。
愛知にいる荒井先生にも伝えたいなぁ。
高校に入って最初の定期テストが迫っているようで、
今日来た子は危険物という科目の勉強をしていました。
すごーく専門的なことを勉強しているようです。
部活も始めたそうなので、勉強との両立をがんばって欲しいです。

話は変わり、中学3年生の皆さん、5月には修学旅行がありますね。
三島では5月末に修学旅行がある中学校が多いです。
京野菜を買って来てくれるという生徒がいますが、
とても楽しみにしておくのでよろしく♪
三島南教室ではほとんどの中学が修学旅行後にテストがあります。
中には修学旅行から帰って3日後という中学もあります。
ちょっとかわいそうな気もしますが。。。
まぁ決まっていることは仕方ない。
修学旅行は純粋に楽しんで、帰ってきたらすぐに切り替えすればいいじゃない。
とにかくいい思い出ができますように。

以上、齋藤でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

四無量心

個別指導塾の学習空間、静岡エリアのモチヅキです!

許せないことや納得のいかないことがあったとき、
私がとっていた行動のパターンは以下の3パターンだったような気がします。

その1 我慢する。
その2 相手の価値観や考え方を責める。
その3 我慢してしまう自分や相手を許すことのできない小さい自分を責める。

思い通りにいかない時、最後はなぜ自分を責めてしまうのでしょうか?

答えが出せないまま漠然と日々をすごしていましたが、
先日、久し振りに話をした旧友がこんなことを言っていました。

 

「自分を責めなくなる最初の一歩は自分以外の人を許すこと。

確かに、現状を一旦受け入れてよりよい状態を目指すことは
素晴らしいこと。だけど、これは完璧な状態でなければ許せない
というのとは違う。

自分も他の人も理想的な状態でなければ嫌だという
思い上がった気持ちは、理想はあくまでも頭の中の世界であることを
忘れさせ、理想と現実の区別が分からない混乱状態にさせる。

そしてまた、理想と現実のギャップは埋めるためにある
ということを忘れてしまい、ギャップがあると苦しんでしまう。

また自分も他の人も完璧な人間などこの世に一人もいないことを
忘れているから、自分や他人が過去に犯した過ちをいつまでも責め続ける。

さらに、過去、完璧でなかった結果に対しても怒り悲しみ続ける。

だからこそ、思い通りにいかない自分を責めなくなる最初の一歩は、
身近な人を許すこと。

他の人に対して許したことは、自分に対しても許せるようになる。

例えば、

他の人が完璧でないことを受け入れれば、
自分が完璧でないことを受け入れられる。

その結果、自分の中にある罪悪感や自分を責める気持ちが
消えていくのだ!」

 

と、、、。

きっと私の友人も同じことに苦しんできたんだな、
と思いました。

また、このような考え方に至った友人に畏敬の念を抱きました。

一方、私のほうは、、、?

いきなり全部を受け入れて許せるほど、私はまだ人間ができていません。

まずは目の前の小さな許せないことから、
一個ずつ受け入れる練習をしてこうと思います。

 

静岡の塾なら個別指導の学習空間