2016年 6月 の投稿一覧

今日はハーフタイムデー!後半戦も頑張ろう!

近:こんにちは、個別指導塾の学習空間、藤枝北・藤枝南教室の近藤です!

藍:こんにちは、藍華です。今日はハーフタイムデーらしいですよ。

近:今日で6月も終わり一年の半分が終わろうとしています。みなさんはこの半年はどうお過ごしでしたか?

藍:テストがあったり、新学年が始まったり、部活動の大会があったりと、毎日がとても大変でしたね。

近:ところで先程、一年の半分と言いましたが、7月2日の0時か12時が本当の半分って知っていましたか?

藍:え!そうなんですか?

近:そうなんです。月によって日数が違いますよね。1月から順に31、28(29)、31、30、31、30、31、31、30、31、30、31。となっています。

藍:31日でない日は西向く侍(2、4、6、9、11月)とかで覚えましたね。

近:そうですね。語呂を使って覚えると楽だったりしますよね。社会とかはよく語呂合わせがあります。
ただ、自分は理屈で覚えないとあまり頭に残らないタイプだったので大変でしたよ・・。

藍:自分のタイプがどちらであるかわかっていれば、その勉強方でどんどん覚えていけばいいんですよね。

近:その通り。人によって勉強方法はことなります。色々試して自分探しをしっかりしてくださいね。

二人:それでは次回まで!
See you later.

静岡の塾なら個別指導の学習空間

ジメジメ梅雨の季節ですね!

個別指導塾の学習空間、富士西・富士吉原教室の深澤です!

6月も今日で終わりですね!

あっという間に梅雨の時期も終わりか―。と思っていますが、未だにジメジメしていて、生活しにくいですね(^_^;)

6月は、中学生たちは定期テストが終わり、高校生は今週来週でテストというテストの時期でもあります。

テスト結果を見て、一緒に反省をし、次のテストに向けての対策を毎回生徒と行いますが、

次のテストは基本的に夏休み後なので、しっかりと時間をかけて対策をする事が出来ます。

ですが、この夏休みの時期では次のテストでのテスト対策も必要ですが、今まで習った所の復習をするにはもってこいの時期でもあります。

なので、テストが終わり次第、しっかりと反省をして、夏にどこの部分から復習をすべきなのか、夏休みの計画をこの時期から少しずつ作り始め、微調整して行くと、スムーズに勉強計画が立てられると思いますので、計画をまず作ってみましょう♪

中3生達は、最後の中体連も始まりますので、部活部活!と頭の中がいっぱいになるのも分かりますが、勉強も同じくらい気合いをいれて頑張っていきましょうね!!!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

今年もバーベキューやります

個別指導塾の学習空間、三島南&北教室の齋藤です。

今年の夏は過去最高の暑さになるそうです。
毎年同じようなことが言われてるような気もしますが。

GWが終わり連休がないことを嘆いているあなた、
あと1か月程で海の日というか夏休みですよ。

夏といえば7/23(土)に静岡東部エリアでは今年もバーベキューを開催します。
会場は桃沢キャンプ場。山の中で最初はわかりにくいと思ってましたが、もう慣れました。
おそらく当日は沼津の夏祭りというか花火大会、27時間テレビと被っていることでしょう。
27時間テレビも花火も夜からなので問題ないですね、
夏祭りはバーベキュー終わってから行けばいいね、
よし、行ける!

多数の参加お待ちしています。
以上、齋藤でした。
静岡の塾なら個別指導の学習空間

テスト前

個別指導塾の学習空間、御殿場&裾野教室の宮川です!

もういくつかの中学校がテスト前なんです。
ついこの間、テスト終わったばかりなのに。いやー、間隔早いな~。

テストの間隔が短いと試験範囲も短いのでラッキーと思うかもしれませんが、テストのクオリティーは変えられないので、
前学年の復習が出てきたり、前回のテスト内容とかぶったりと実は間隔早いほうがテスト範囲が、逆に広くなることがおおいです。

なので、もうテスト期間入った生徒には気を抜かずに頑張ってほしいですね。

テストがまだまだ先の子はいまからしっかりと準備をしていきましょう。テスト範囲は広くなりますからね。

要はテスト前だろうがテストが当分先だろうが、日々の勉強は怠らないようにしましょう。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

テスト終了!

個別指導塾の学習空間、藤枝北・焼津小川教室の村田です!

どの学校もほぼテストが終了しました。結果はいかがだったでしょうか。1年生は初めてのテストで緊張した生徒もいるのではないでしょうか。

テストの答案は必ず先生に見せて分析をしていきましょうね!今回のテストで感じたことを書きたいと思います。
国語では漢字(およそ10点分)で点数がとれずに全体的に点数が下がっていたイメージがありました。本来漢字の部分は毎回先生が範囲を決めてそこからしか出されないので先生からのメッセージとしては「同じ問題でるから満点とってね~」といったところでしょうか。
社会・理科については言葉はわかってはいるけど誤字で点数を落としている人が非常に多く見受けられた印象です。これに対しては普段からやった問題でひらがなで書いていたものに関して○つけをしたときに必ず漢字で書くことを徹底しましょう!日々の直しを実践すればかならず本番でもできると思います。
英語はピリオド・コンマ・?・などを忘れたり、大文字・小文字を間違えていたり、スペルをミスして5点くらい落としている人が数名いた印象です。

ざっと書いてみましたがこれらにはある共通点がありますよね!そうです決して内容が難しくて出来なかったものではなく自分の不注意によるものですよね!これによって5科目で20点くらい損をしちゃってる人も多いですよね。でもこの点数が成績に反映されちゃうんです。もったいない・・・特に受験生には意識をしてほしいと思うことがあります。

「20点の点差は受けれる高校のレベルが1つ変わる!」

 こう見てみるとかなり重要なのではないでしょうか、もちろん人間なのですべてのミスを直せるわけではないですが・・・点数だけを見るのではなく具体的に本来とれているはずだった点数と実際とった点数の点差をみなさんも比べてみてください。意外と志望校までの道のりは近いかもしれませんよ?

静岡の塾なら個別指導の学習空間

夏といえば…祭り

個別指導塾の学習空間、沼津東教室&富士宮教室の伊佐です。

梅雨に入ったのか、よくわからない日々が続いてる今日この頃…

夏らしく、お祭り関連に出向く機会が最近多々ありました。

まずは、高校の文化祭です。
(いきなり、前回のブログネタと被ってすいません!ww)

今年は、生徒に誘われたということもあり、
富岳館と富士宮西の文化祭に行ってきました!

高校卒業してから、高校の文化祭がどういうものになっているのか知りませんでしたが、
学生以外もこんなに楽しめるものになっているとは知りませんでした。

自分の行っていた学校の文化祭は、
屋台というか、ご飯を作れるのが1,2クラスしか駄目だったので、
各教室での出し物は、悲惨なものになっていました…www
けど、目玉としては、
体育館で行っている、立候補したクラスによる演劇と
視聴覚教室での軽音楽部のライブが印象に残っています。

あと、日曜には、富士祇園祭に行ってきました!

普段車で走っている道が歩行者天国になっているのは、
違う景色だったので、その点でも楽しめました☆

屋台のご飯も、割高なところは置いといたとして、www
それでも、美味しいものだと久々に感じました。

高校、商店街…と祭りを楽しんだので、
自分的には、あとはSUMMER SONICやFUJI ROCK FESTIVAL等の
音楽イベントに行って、小麦色になって、
一日中満喫するのが目標です!!www

今から夏真っ盛りになって、
祭りや花火大会等のイベントが増えてくるので、
皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか☆

静岡の塾なら個別指導の学習空間

文化祭

個別指導塾の学習空間、長泉・沼津東教室の小笠原です

今年は三島北、市立沼津、城北の3つの高校の文化祭に行ってきました。現塾生や卒業生に会うことができ、とても充実した時間を過ごすことができました☆生徒の塾の中ではなかなか見せない一面を見ることができ、若いというのはとても素敵なことなのだと改めて感じました。普段は勉強や部活でとても忙しく、それ以外に何かをする時間がとれない生徒が多いですが、若いみなさんには無限の可能性があるので、いろいろなことに挑戦して、たくさんの困難やチャレンジを克服することによって素敵な人生を切り開いていってほしいと思います。来年は今年よりも1校でも多く行けるように頑張りたいと思います(笑)そして、若さとエネルギーに満ち溢れている生徒のみなさんから元気をもらえればと思います。今回の文化祭で会うことができた生徒のみなさん、本当にありがとうございました☆

静岡の塾なら個別指導の学習空間

テスト後勉強

個別指導塾の学習空間、三島南教室&富士西教室の坂東です。

お疲れ様です。

みなさんテスト週間お疲れ様です。

テストが終わった子もいればこれからの子もいると思います。

テスト前毎日塾に来て頑張っている子も中にはいて、
とても頑張っていると感心するとともに、
私たち講師も全力でサポートしていかなければと思います。

以前にもお話したことがあったと思いますが、
テストが終わったら「はい終了」というわけではありません。

当然ながらテスト直しをして、
自分にできなかった部分の見直しと復習を行ってください。

自分でやることができない人は
どうゆう風に直しをしていけばいいか
講師の先生に聞いてください。

トレペをやった後と同様に、
学校のテストも解き直しをして、
何が間違っていたかを確認しないままでいると、
次のテストの時やその応用の単元に移った時に困ります。

確かにテストが終わってすぐのタイミングでは、
勉強を投げ出したくなるのもわからなくはないですが、
この機を逃すと後で付けが回ってきますので
テスト後にはみなさんしっかりテスト直しをしていきましょう。

以上坂東でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

今日は楽器の日!

近:こんにちは、個別指導塾の学習空間、藤枝北・藤枝南教室の近藤です!

藍:こんにちは、藍華です。今日は楽器の日らしいですね。

近:そうです。昔から芸事は6歳の6月6日から始めると上達するといわれていたからみたいですよ。

藍:脳科学的にも何歳までにした方がいいことってたくさんあるようですね。

近:ですね。例えば生後9ヶ月以内に外国語に触れた赤ちゃんはその後、多言語を学ぶことが楽だと感じたり、1歳までにクラッシックをたくさん聞いておくと絶対音感をもちやすかったり、その後も言語能力が高かったりと、その年までにやるべきことはいろいろあるようですね。大抵の基礎能力は8~10歳までに決まってしまうらしいですよ。

藍:個人差はありますが、適した時期にやらないと、あとあと大変なことってありますよね。

近:その通りです。勉強をしているのに点数がなかなか上がらないのはそれも一つの要因ですね。

藍:ではどうしたらいいのでしょうか?

近:人によって様々なのですが、一言でいえば自分にあった勉強を見つけることでしょうか。単に長い時間勉強をすればいいというわけではありません。効果の高い勉強方法を生み出しましょう。

藍:まずは何をしたらいいのでしょう?

近:まずは、勉強の習慣をつけることですね。仮に正しい勉強法を行っていても、自分が集中していないと効果は表れません。それでは間違った勉強法だと勘違いしてしまいます。なので、初めは内容が薄くても構わないので長い時間集中して勉強ができるようにしましょう。

藍:長い時間集中できることは将来役に立つからそれだけでも効果がありますね。

近:その通り。できないことで焦ってしまう人が多いですが、焦らずじっくり成長できるようにしていきましょう。

藍:”千里の道も一歩から”なんていいますからね。焦らずコツコツ頑張っていきましょう!

二人:それでは次回まで!
See you later.

静岡の塾なら個別指導の学習空間

Break On Through To The Other Side!!!

個別指導塾の学習空間、静岡東部エリアの望月です!

先週くらいからほぼ毎日早起きして、
二度寝なしで、本を読んだり、ウォーキングをしたり、
指導の準備をしたりしています。

このままだと
「日本オーバースリーパー協会」から脱会を迫られるかもしれません。
会員として実に恥ずかしい限りです。(笑)

早起きして朝のすがすがしい空気に身を委ねながら、
歩いていると色々な想いが込み上げてきます。

どんなことを想うのかというと
やはり自分の生徒指導のことです。

昨日の自分の指導は本当に良かったのか?
自分は本当にこのままでいいのか?
子供達は本当に良い方向に進んでいるのか?

常に満足と不安が入り混じっています。
そして、安心と不安を抱えながらこの仕事をやり続けています。
理想の指導、理想の生徒像を追い求めながら日々苦悩の連続です。

遠くにかすかに光は指しているけれども
不安定であって、しかもそれは目印ではありません。
結局のところ、
そこへは自分でもがき苦しんで到達しなければならないのだと思っています。

そしていつも自分のパフォーマンス向上のためには
「感性を研ぎ澄ませなければ!」
と思っているのですが、

あるアーティストのこんな言葉を思い出しました。

「非日常的な発想が意外と生活の中で感じることから発生している。
日々体験することなんて人によって大差なくて、
そこから何を取り出すか、何を感じるかが大事なんだ!」

私なりの解釈で、賛否両論あると思いますが、
10から1を感じ取るより、1から0.1を感じ取り
それを拡大させることの方が好きです。

更に個人的な感覚を云えば、
自分自身、新たな色を生み出すべく常に模索していますが、
といっても青を赤にするというのではなく、
黒に色を足して更に深い黒にするというようなイメージです。
染まるのではなく取り込む感じを目指しています。

私見をとりとめもなく書いてしましましたが、
いつも思うことがあります。

常日頃から、生徒達に「元気」と「希望」と「笑顔」
を贈ろうと、指導しているつもりなのですが、

指導が終わって、気付いてみれば
「元気」と「希望」と「笑顔」を贈ってもらっているのは
いつも私のほうだということです。

これが
苦しくてもつらくても
この仕事を続ける原動力です!

モチ@:身体は疲れているのに頭は冴えわたる時間帯に突入!

静岡の塾なら個別指導の学習空間