2017年 9月 の投稿一覧

The power of words

個別指導塾の学習空間、家庭教師・1対1指導の学習空間プラス、
静岡東部エリアの望月です!

生徒に誕生日プレゼントをあげたら、
「わぁ、うれしい!絶対、仕返しするからねっ!」
と言われて、どんな仕打ちを受けるのかと怯えながら過ごす毎日です。

たった1字、たった1語の間違いが命取り、なんてこと、ありますよね。
相手がその間違いに気づいて大事に至らなければよいですが、
時には、誤解されたまま人間関係が壊れていってしまうこともあります。

よくあるのが、「は」「が」「に」「も」「へ」「を」などの
助詞の間違いです。

この助詞があることによって言葉と言葉が繋がり、
互いの語句の関係性を示すことができます。

しかし、この助詞、使い方を間違えると、
意味が微妙に違ってきます。

例えば次の文はどうでしょう。

「君、人間は顔じゃないよ!」
「君、人間の顔じゃないよ!」

上の文は「人間は見た目ではなく、中身で勝負だよ!」
と言っていますが、下の文は失礼すぎますよね!(笑)

言葉とは人間が創りだしたとても便利なコミュニケーションツールですが、
「諸刃の剣」で使い方を間違えると相手を深く傷つけたり不快な思いをさせてしまいます。

誰かに何かを伝えようとして言葉を使用するとき、

その言葉の使い方は正しいのか?
その言葉が本当に自分の伝えたいことを表している言葉なのか?
その言葉が相手にどんな影響を及ぼすのか?

等を意識しながら言葉を大切に慎重に選ぶ必要があります。

そんなつもりはなくても何気ない一言がヒトを傷つけているかもしれません。
反対に自分の言葉が誰かを勇気づけたり励ましたり救うことがあるかもしれません。

言葉にはそれだけの力があるものということを十分に理解した上で、
自分の発する言葉には責任をもって大切に使っていきたいものです。


なぜ私がチェスナッツアンティークカラーのエドワード・グリーンのシューズを愛用しているかって?
それはもちろん日本のヤス・望月の影響さ。
彼がとてもエレガントに履きこなしているのを見て真似したくなったのさ。
このPVは彼に捧げるよ!
(クリストファー・ウォーケン、米国・俳優、ニューズウィークインタビュー記事より)

という妄想をしながら寝る。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

最近のニュースから

個別指導塾の学習空間、沼津西・富士宮教室の松本です!

先日、生徒から「選挙はどの党が勝ちますか?」「もし自分が投票できるとしたらどこに投票すればいいですか?」など聞かれました。中学3年生で公民の分野にも入ったので興味を少し持ったのだと思いますが、高校生でも選挙権を持てる今、若い人が考えてくれることはとても重要なことだと思います。
前に、テレビで総選挙の議論をする場で若いモデルの女性が政治家のゲストたちに「私はどこに入れればいいか教えてください。」と発言し、一部の人が苦笑いしている場面がありました。自民党の片山さつきさんが「この日本を誰なら任せたいか。それを考えて投票してください。」と発言をされていましたが、その言葉が全てだと思います。
自分は大学時代の教授に「政治は法律を作るが仕事で生活全てに関わることなので誰でもいいと思わせてはいけない」と言われたことを思い出しました。自分も生徒たちにも同じように伝えていきたいと思う今日この頃です。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

冷凍シーラカンス!!

こんにちは。個別指導塾の学習空間、焼津小川教室・藤枝南教室の宮本です。

 皆さんはミュージアム(博物館、美術館、水族館など)は好きでしょうか?
ミュージアムが大好きな私は、こないだのお休みに友人たちと沼津港深海水族館へ行ってきました。

 前々から興味があり、行きたかったのですが、テレビ番組『クレイジージャーニー』で取り上げられているのを観て、これは早いとこ行かないと思ったんですね。付き合ってくれた友人たちにも感謝です。

 行ってみた感想として、とてもよかったです! 最初は「入場料高くね!?」と不満だった友人も入ってすぐに、「これは満足できる。」と言ってました。世界でもここだけという珍しい深海生物は非常に不気味で面白かったですね。あとやはりシーラカンスの冷凍標本でしょか。深かったですね。

 ミュージアムをおもいっきり楽しむコツの1つは、ミュージアムが好きな人と行くことだと思いますね。勉強はその科目が好きな人とやるのも1つの手だと思います。

 次はどこに行こうか(^^♪
 目標は世界四大博物館制覇!(笑)

静岡の塾なら個別指導の学習空間

体育祭と文化祭の季節

個別指導塾の学習空間、三島南教室の齋藤です。

9/11より4年間組んでいた坂東先生の教室異動に伴い、柏木先生が後任講師となり三島南教室配属となりました。
柏木先生は前職でも塾講師をしており、指導歴は僕よりも先輩ということでとても頼もしい相棒です。
三島南教室をより良い教室にしていけそうな気がします、というかします!
そして僕は彼の意外な秘密も知っています。←これ大事!
シーズン半ばでの急な講師交代ということで生徒や保護者の皆様には混乱を与えてしまったかもしれませんが、
今後とも「新生」三島南教室をよろしくお願いします。

さて、台風が直撃した先週末は、この時期とは思えない寒い気候となりました。
台風と体育祭が重なり、結局週明けの火曜に体育祭が延期となり代休をもらえなかったかわいそうな生徒がたくさんいました。
台風は週末に直撃するものです。平日の昼間に通過するわけがない。
体育祭の後には合唱コンクールも控えています。
昨年は坂東先生と行きましたが、自分の髪型でわかるのか保護者席にしれっと紛れていても気づかれました。
今年度は柏木先生と行こうか思ってます。
以上、齋藤でした。
静岡の塾なら個別指導の学習空間

伝わる行動

個別指導塾の学習空間、御殿場・三島北教室の植田です♪

自分がするべきことをきっちりやる!

大人にも子供にも当てはまる言葉ですね☆
いくら正論を言っても自分の行動が伴っていなければ相手には伝わらないし、説得力も感じられないのではないでしょうか。

僕自身生徒に対して、
【やるべきことをやり、約束は必ず守る】
ということだけは実行しているつもりです☆

日頃から品行方正な行動を全部出来ているかと言われれば言えないですww

冗談も言いますし、ボケもしますし、ツッコミもしますし、叱る時は叱りますし、失敗する時は失敗します。

失敗したら立場関係なくしっかり謝って、相手に対して筋を通す!
そういうところから信頼関係というものは生まれてくるような気がしています。

…まぁ失敗しなければいいんですが。。。

生きているうえで自分が今やらなければいけないことというものは誰でも必ず存在します!
それに対して真摯に打ち込み真摯に遂行する!

生徒や後輩に対して徹底というものをする以上自分にも厳しくならなければいけないなぁと思う今日この頃です^^

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス

今年度の運動会は!?

個別指導塾の学習空間、富士西・富士吉原教室の深澤です!

9月も終わりに近づき、台風の季節ですね。

昨日台風18号が日本に上陸し、すごい雨と風でした。
交通機関にも乱れが出て、足止めにあってしまった方も多かったと思います。

次の日の今日はまた夏が戻ってきた感じがするくらい暑いですね。

先週の事ですが、富士市の中学校では運動会が行われました。

もちろん気温も低く、雨が降っている中だったので午前中だけだったみたいですが、毎年私は運動会に行かせていただいて、生徒の頑張っている姿をみて元気をもらっていましたが、今年は見ることが出来ず残念でした。

もちろん今年中3生で卒業してしまう生徒も多いので頑張っている姿が見れないのは本当に残念ですね。

また来年以降も普段見れない、一生懸命運動している生徒の姿を見に行かせていただきたいと思います!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

あと半年をきりました!

個別指導塾の学習空間、藤枝北・焼津小川教室の村田です!

 あっという間に夏も終わり気づけば学調の1回目も終わり次は第三回定期テストとまさに嵐のように9月が過ぎ去ろうとしています。みなさんは学調の結果はいかがだったでしょうか、ここ数年どの生徒も理科が難しいという声を頻繁に聞きます。確かに入試問題の理科はいろいろ図があり、いろいろな単元が混ざり合い、記述式の問題、計算問題などが増えてきている傾向にあると思います。今回の学調は確かに難しい問題もありましたね!しかし皆さんに学んでほしいのこれからこういった多彩な図や記述の問題に慣れていってもらいたいということです。難しいからやらないのではない、こういう形式の問題が今後2回目学調、そして本番の入試にでてきますよ~っていうだけです。確かに今は難しくて手がでないかもしれません。これからどうにかしていくのです!自習室、重点研究を中心に受験勉強に励み、なによりも学校でしか行ってくれない実験の授業を大切にしてほしいです。
 
 まだ半年ある!まだなんとかなる!そこであきらめたら試合終了!明日やろうは馬鹿野郎!一日もはやく自分の志望校に近づけるように努力していきましょう!あなたの友達はもうすでに始めているかもしれませんよ?

静岡の塾なら個別指導の学習空間

初めまして。

こんにちは。個別指導の学習空間、三島北教室・学習空間プラスの高村です。

今年の4月にこの会社に入社して半年が経とうとしています。
初めは女性社員も少ない環境ということで不安もあったのですが、教室での指導にもだいぶ慣れてきたので今の私の意気込みを少し書こうかなと思います。

半年間、この仕事をさせてもらってきましたが、三島北教室の生徒たちにも先生たちにも恵まれ、まだまだ頼りない存在ではありますが生徒と一緒に勉強させてもらいながら楽しく指導させていただいています。
新卒で就職した友人には辞めたいなんて愚痴を言っている人も多い中、なんだかんだで楽しそうに仕事してていいね~と羨ましがられるほどです。
私が仕事の話をし始めると生徒の自慢話やらが長いらしく、「もういいよ先生~~」と馬鹿にされることも多々あります(笑)

そんな私は他の先生方のように学生時代から特別優秀だったわけでもなく、生徒の模範のような生活を送ってきたわけでもないのですが、
その分、生徒が勉強嫌だなーと感じるような瞬間にも寄り添えるような、話しやすいお姉さん(…という自称で大丈夫でしょうかw)というくらいの心の拠り所になれたらいいなあという理想を抱いております。

たまに生徒にも話すのですが、中学の頃に勉強をさぼりにさぼってきた私が生徒に教えられることは、後でめちゃくちゃ苦労して後悔するよ。ということです。
そのため、「今が楽しい」も大切ですが、今も楽しみながらもやるべきことは気合いを入れてやるという意識を持って、私のように後で後悔するようなことがないようにしてほしいなと願って指導にあたっています^^
本当に生徒と関わるたびにもう一回学生に戻れたらなーと思うことばかりなので明日見に行く予定の体育祭でもきっと中学生に戻りたくてたまらなくなるんだろうなーと思いますw晴れるといいですね~

最後になりますが、最近教室の近くに引っ越しをして自分の勉強にあてられる時間も増えたため、生徒に負けないように勉強に励んでいこうと思っているので、受験生のみなさん一緒に乗り切りましょうー!

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス
静岡の塾なら個別指導の学習空間

工芸の秋、思索の秋

個別指導塾の学習空間、富士吉原・裾野教室の及川です!

皆さん学力調査の結果いかがだったでしょうか。
良かった人も悪かった人も、一度しかない受験に向けて気持ちを切り替えて勉強に集中していきましょう!

さて、休みになると結構何をしようかと悩むことも多いのですが、最近凝っているのが革細工です。
この前、妹が時計のベルトがボロボロだと言って持ってきたので制作!
青い文字盤なので、群青に染まった革を買って裁断。菱錐で穴をあけてチクチクと塗っていきます。
ベルトは3時間ほどで完成。
ベルト穴が一つだとオーダーメイド感が凄い!

そんな風に無心で革を縫っていると日頃の疲れもなくなっていくような気がしてきます。
テレビやゲーム、スマホなどの絶え間なく流れてくる情報の渦から少し距離を置いて単純な作業をしていると、普段考えないことをゆっくり考えられます。
本を読んだりゲームをしているときほど頭を使わなくていいので、鼻歌を歌いながらどう指導していくか考えたり、次に作るものの構想を練ったり。ふと気になった言葉の語源は何かと考えたりすることもあります。

一度得た知識や経験は一時記憶に保管されて、反芻することで踏み固められていきます。
静かに思索する時間は、せわしくニュースを追う時間と同じかそれ以上に重要です。

物を思うのに適したこの秋。
勉強したことや分からなかったことは、そんな時間を作ってゆっくりと考えてみるのはいかがでしょうか。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

受験の秋

個別指導の学習空間長泉 沼津西教室の松木です!

日が段々短くなってきましたね! 段々夏も終わりを感じる今日この頃です。

多くの生徒が夏休みには長い時間、カンヅメ(教室で長時間勉強する生徒を自分はこう呼んでおります)になりながら頑張ってもらいました!

学調も終わり、結果が返ってきましたが、これを見ている中学生の皆さんはどうだったでしょうか?

しっかり勉強の成果を出せているとうれしく思います。

自分の教室の受験生にも再三言っていることなのですが、これから先の二学期の時期、入試に直結するテストが続いていきます。

中間、期末は内申点を決める最後のテストです。学調に関しては言わずもがなですね.

それらの重要なテストがおよそ一カ月おきにくるというハードな時期になります。

また、大学受験においても、センター対策や二次試験対策、面接や小論文対策が始まる時期でもあります。

教室で毎日指導していてそれらについて考え、そして感じることがあります。

それはこれらの厳しい現実を乗り切る上で大事な事は勉強に当たる気持ちを強く持てることではないかということです。

一学期とは違い、結果、数字が大事になる今だからこそ、自分と向き合い、勉強と向き合い、現実の辛さや厳しさに立ち向かっていくこと

それを乗り切って受験に合格すること。それは人生において大きな財産であり、その経験が人生の成功のモデルケースになるんだ!

自分はこの時期に生徒がなぜ勉強しなければならないのかを見失った時、毎年この話をしております。

後悔がないよう、全力を出し切っていきましょうね!

ではでは~ノシ
静岡の塾なら個別指導の学習空間