2017年 10月 の投稿一覧

チョイスはチャンス?

個別指導塾の学習空間、御殿場・三島北教室の植田です♪

御殿場は寒い!!!
本当にこの時期になると指導後に教室を出る瞬間毎回塾に戻りたくなりますww

さて最近は生徒から勉強以外の相談を受けることが多いです。

『あたしには何ができると思う?』
『俺の長所ってなんですか?』
『将来何になりたいか全然わからないよー』

などなど他にも多々ありますが、やっぱり少なからず人生の岐路に立ち始める年代の悩みは似たり寄ったりです。

人生は選択の連続です。
高校を選び、大学を選び、職業を選び、職場を選び・・・
なんて感じで一生続きます。

『先生はなんで先生になったの?』
なんて聞かれますけど、僕も決めたのは大学に入ってからです。

自分の将来について迷ってる生徒に共通して言うのは

何かを始めるのは崇高な動機じゃなくてもいいんじゃん?
長所は将来のことを考え始めてる時点でそれも今は立派な長所。

ってことです。
動機は立派でなくてもいいんです。なんとなく始めたことが続けてるうちに自分の中で大切なものになったりするもんです。
高校生なら高校生なりの、中学生なら中学生なりの人生を生きてる中で、自分にとって今何が楽しいか?何をしてる時に自分が生き生きしていると感じるか?
そんな当たり前の『感じ』から無限に近い選択肢から少しずつ道を決めていくぐらいの気持ちでいいんではないでしょうか。

生徒が自分でで決めた目標への最短距離を示すことが一番正しいことなのかもしれませんが、回り道遠回りしながら新たな可能性に気が付くことも伝えたいなぁなんて感じる今日この頃です。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

テスト後に行うこと!

個別指導塾の学習空間、富士西・富士吉原教室の深澤です!

最近凄く寒くなってきましたね!
台風で急激に気温が下がったり、通過後にかなり暖かくなったり、寒暖差が激しく体調を壊してしまう生徒も数人いらっしゃいます。

そんなことを言っている私も体調を崩してしまい、生徒に迷惑をかけてしまっていますが・・・。

さて、今回ですが、10月と11月はテスト期間になっています。

テスト結果が少しずつ帰ってきて、帰ってきた生徒たちから解きなおしを行い、それぞれの弱点を洗い出している状態なのですが、
この自己分析という作業を今まであまりしてこなかった子たちが多かったのでその内容を少し書かせていただきます。

この自己分析ですがどのように行うかといいますと、テスト直しをするのは当然なのですが、そのテスト直しの時にどのようにして間違えてしまったのか・・・。計算ミス・漢字ミスだけだったのか。公式などは覚えていたものの、代入する場所が違っていたのか。公式さえ出てこず、間違えてしまったのか。ただ間違いといっても内容は様々ですね!

このテスト直しの際、直しながら問題用紙などにケアレスミスは△。代入ミスなどは✕。そもそも何も理解できていない場合は無印のようにルールを決め、すべてを直し終わった後に、リストアップをしてまとめておけば、中学生であれば実力テストや学力調査。高校生であれば模試などの前に対策がしやすくなると思います。

この自己分析は勉強だけではなく、もちろん将来の仕事などにもつかえると思うので今のうちから少しずつやり方をみにつけておくべきかな?と思います。

少しながい文章になってしまいましたが、ご覧いただきありがとうございました♪

静岡の塾なら個別指導の学習空間

今年もあと2か月!

個別指導塾の学習空間、藤枝北・焼津小川教室の村田です!

あっという間の11月でした、9月のテストもおわって一息、とおもったらすぐにまた次の11月テスト範囲が配られました。こんなにテストとテストの間って短かったっけ?っておもってしまいましたね。自分が中学の時は各学期に1度ずつしかテストがなかったからかもしれません。中間と期末の2回がいいかそれとも期末だけがいいかは意見が分かれるところではあると思いますが自分としては2回あった方がいいと思ってます。理由は
・テストの回数が多くてテスト慣れできる
・テストの範囲が狭いのでかなり深い部分まで勉強がやれる
・一度だけの評価にならないので1回目がだめでも2回目で挽回できる
といったところでしょうか。もちろんデメリットもありますけどね。

中学3年は高校に提出される内申点がきまる重要なテストになりますね!ほんとにほんとにこれできまります。言い過ぎかもしれませんが今後の自分の人生が決まるといっても僕は過言ではないと思っています。周りもみんな頑張ってきます。あたりまえですがひとと同じ勉強量では差がつきません。人生で一番頑張ろう、できてもできなくてもがむしゃらに頑張ったことが今後の人生の大きな糧になるとおもいます。10年後の自分へ、幸あれ!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

風邪の季節、気を付けましょう!

個別指導塾の学習空間、富士吉原・裾野教室の及川です!

皆さん学力調査の結果いかがだったでしょうか。
これから定期試験が控えている学校も多いので、良かった人も悪かった人も気持ちを切り替えて次の試験に向けてがんばっていきましょう!

さて、まだまだ暑いと思っていたら急に気温が下がり、俄かに秋の様相を呈してきました。
風邪をひいてしまった人も多いのではないでしょうか。
教室もいつもと比べて空席が目立ちます。
私も何度か風邪のような症状が出かけていたのですが、葛根湯の力でなんとか抑え込んで復活!元気に指導をしています。
この時期は調子がおかしいと思ったら教えてくださいね!
体調管理も受験生たちにとって重要なファクターですから!

明日は校外学習会でディズニー!
受験生たちもつかの間の休息を味わって受験に備えていきましょう!
静岡の塾なら個別指導の学習空間

学びたいタイミング

個別指導塾の学習空間、三島北教室、家庭教師の学習空間プラスの高村です。

2回目にして書くことが尽きてしまったような気もするのですが、、、
最近私がよく考えてしまうことがあるので、そのことについて書きたいと思います^^
その内容ですが、一言でいうと「学生に戻りたいなーー」です。一見ただ働きたくない奴みたいですが断じて違います(笑)
学生に戻って遊びたいなーではなく、今の自分が大学生をやり直すことが出来たら、もっと全力で勉強に取り組めたのになーということです。

少し話が戻るのですが、私がこのことを考えるきっかけになった出来事は先日の会議です。
「フィンランドでは高校や大学への進学率が低く、中学の卒業と同時に社会に出ることになるため、公民の授業がより現実的で実用的だ」という話の流れから、「他国では日本と違って高校や大学に行くタイミングを自分で選ぶことができるため、自分が一番学びたいと思ったタイミングで大学などに行くことができるのでは、、」という話になりました。

その話は、私のような社会に流されに流されてきた人間にとっては考えもしなかったことで、そんな環境の国が羨ましいなーと心底思ってしまいました。

10代のうちなんて出来れば勉強したくないし、出来るだけ楽をしたいし、、、健全な思考だと思います。
私は大学時代、大学生にしては出席やテストへの姿勢は真面目な方でしたが、自分からもっと学びたいなんて欲は少しも持ち合わせていませんでした。
(必要最低限の単位数で、いい成績はとって卒業しよう。)くらいですね、、
でも大学って同じ授業料でも、意欲さえあればいくらでも多く授業を受けることができたし、自分の好きな分野について研究する時間が死ぬほどあったんですよねー。その時間があれば、私なんかでも今よりどれだけ賢くなれたか、、、(笑)
まぁ分かり切ったことなんですが、実際その立場にいると、こんな簡単なことに気づけないんです。好きなだけ勉強ができる恵まれた環境にいるということは一回社会に出てみないとなかなか気づけないんですよね。(もちろん気づけている大学生だってたくさんいるとは思うのですが笑)

実際には日本でも何歳になっても大学生は出来ますが、世間体とか常識みたいなものを考えるとなかなか勇気のいる行動です。
ですから、高校の卒業と同時に大学に行くことが普通、新卒でなければ就職しにくいことが普通、のような常識からもっと自由な環境になったら、意外と日本全体の学力って上がったりするのではないかなーと思います、、。どうなんでしょう、、?

そうは言っても環境を言い訳にするのも良くないので、限られた時間の中で私も生徒に負けないように勉強に励みます!*+
でも何十年後かにでも機会があれば、もう一度大学生をやりたいなーという夢も持っておくのも悪くないかなと。w

長くなってしまいましたが、今週の塾全体でのディズニーランドツアー楽しみですね!早起き頑張りましょう、、!

家庭教師、1対1指導をお探しなら学習空間プラス
静岡の塾なら個別指導の学習空間

今週末はディズニー♪

個別指導塾の学習空間、三島南教室の齋藤です。

タイトルの通り、今週末はバスツアーでディズニーランドに行ってきます。
当日はハロウィンイベント真っ最中で、ハロウィンが誕生日の僕にとっては祝福されているような気さえします。
そういえばこの数年、ハロウィンがやたら盛り上がっているのはなぜだろう。
僕が学生の時はここまでのイベントにはなっていなかったような。

ディズニーリゾートにはもはやプライベートで行くよりも
塾のバスツアーで行った回数の方が多いのは僕だけではなく他の先生もそうかもしれません。
そしてまたお約束のように台風が近づいているようですね。
ちなみに僕は雨男です。当日は間違いなく雨が降るでしょう。

先週末から急に冷えてきました。
季節の変わり目で風邪をひきやすい時期です。
週間天気予報によると土曜は超寒いらしいです。
体調管理は特に気を付けてくださいな。

三島南教室ではすべての中学、高校とテストが終わった直後なので、
何も考えることなくディズニーを楽しむことができますね。
今年度は例年よりも参加者が少なく寂しいですが、楽しい思い出を作りましょうね。
以上、齋藤でした。
静岡の塾なら個別指導の学習空間

修学旅行で世界を感じる

 こんにちは。個別指導塾の学習空間 焼津小川教室&藤枝南教室の宮本です。

 高校2年生にとっては修学旅行のシーズンですね!藤枝南教室の高2の子たちはなんと、みんな海外に行くそうです。それぞれ聞いてみると、ハワイ、カリフォルニア、シンガポール、マレーシアと学校によってもバラエティに富んでいました。修学旅行中にシンガポールの大学で勉強してきたって生徒は、お土産も土産話もすごかったです!海外に行くことって、若いうちにやっておきたいよな~って、彼を見て感じました。

 高2にとって大事な修学旅行ですが、中3にとっても重要です。高校選びのポイントは進学率、就職率、通いやすさ、学費、制服などいろいろとあると思いますが、修学旅行で海外に行くかどうかも重要なポイントだと思います。家の事情で海外に行けるチャンスがない人にとってはかなり大きいですからね。もちろん修学旅行のために高校へ行くわけではありませんが・・・。海外に行ける!ことは1つの魅力だと私は思います。

 さて、話は変わりますが、海外旅行に行く際に私はあることを心がけています。それは“現地の言葉を覚えること”です。カタコトでもいいので、覚えて使ってみる。現地の人と一気に仲良くなれますし、現地の人しか行かないような場所にも連れてってくれたりもします。『ありがとう』、『おいしい』、『こんにちは』は当然ですが、『愛してる』を言うと、めちゃくちゃうけますよ!(笑)是非やってみて下さい!

 ちなみに私が高2のときの修学旅行は『西日本横断の旅』でした!う~ん、彼らとの差!笑

静岡の塾なら個別指導の学習空間

今すべきこと

個別指導塾の学習空間、長泉 沼津西教室の松木です!

中学生の生徒は二学期の一発目のテストが始まってきましたね。

高校生もそろそろ推薦受験の生徒は受験が始まる時期となってまいりました。

時に結果、数字が求められる時期が今ではないかとひしひし感じています。

そのために教室指導時自分が最近とても意識していることがあります。

それは「なぜそうなるのか?」をしつこく問い続けることです。

問題文を読み、内容を把握する力が入試にはとても要求されます。

また知識を蓄えるため、まとめや暗記をかなり努力する必要があります。

ただし、それらいわゆるインプットの面がすべて目を出し、点数を伸ばすわけではありません。

インプットとアウトプットの両方が必要とされるケースが多々あるためです。

特に静岡の入試問題では知識というより問題の聞き方がいやらしい問題が多いです。

記述問題、内容の聞き方、長い文章。。。。

その中で点を取るためには普段から勉強内容に対しての深い理解が必要です。

そのためのアウトプットが「なぜそうなるのか?」を尋ねることだと思っています。

それは短期間で身に付く事ではありません。

日頃の生徒自身の努力があってこそ身に付くものだと自分は考えています。

受験生はもちろん、その他の生徒にも早くこのことに気付かせて、自分からアクションを起こさせるよう促す。

それが自分を含め、子供たちに日頃関わる周りの大人の「今すべきこと」なのかもしれませんね。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

今年度も半分が過ぎました

個別指導塾の学習空間、御殿場&裾野教室の宮川です。

題名の通りですが、もう半分終わりました。
平成29年で言えばあと3か月切りました。

大人になると、年をすぎるのは早いですね。

ついこの間、ある芸人さんが集まってトークする番組(名前は伏せます。宣伝するためじゃないので)をみていたら、

先生になりたかった芸人さんたちがトークする回だったんですが、

その中である芸人さんが

『大人はいいぞ。自分の責任でなんだってできる。なにもするも自己責任だ』

と言っていたんです。(一字一句同じではなかったと思います。)

この言葉、すごく自分には響きました。

大人になる希望(なんだってできる)と大人になる厳しさ(自己責任)を同時に表しているいい言葉だと素直に関心しました。

こんなこと自分では思いつかなかったですね。(大人になる厳しさは説いてきたつもりですが、大人になる希望は確かにあんまり説いてこなかったかも。反省ですね。←今までの自分)

こういう言葉すぐに本心で言えるように精進していきたいですね。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

あっという間に9月が終わった

個別指導塾の学習空間、藤枝北・焼津小川教室の村田です!

9月も終わり、ほぼすべての中学生の定期テストが終了しました。みなさんの結果はどうだったでしょうか。テストの結果に一喜一憂したあとのテスト直し、分析はできたでしょうか。学校のテストは学校の先生が出題者です。さまざまなテストがあります。先生の数だけ出題のされ方があります。どうすれば点数を効率よくとることができるでしょうか。それは相手の癖を見つけることです!どの先生も出題に一定の法則があると思います。先生も忙しいですからベースとなる自分のデータをもっていてそこから少し変化をつけたり数字を変化させたりしていると思います。ぜひテスト後はテストの点数を上げる最大のチャンスだと思って取り組んでほしいと思います。

静岡の塾なら個別指導の学習空間