2018年 11月 の投稿一覧

今日は学調、しっかり寝て頑張りましょう!

個別指導塾の学習空間、富士吉原・裾野教室の及川です!

中学三年生の皆さん、いよいよ今日は学調です!
高校の定期テストも重なり、今日の教室は満席。みんなの本気度合いが伝わってきました。
内申に関わる定期試験も全て終わったので、今日で大体の進路が決定します。
この2週間ほど学調対策をしてきましたが、
まだまだ出来て欲しいことはたくさんありました。
そんな思いで、少し指導に熱が入ったりしたかもしれません。
計算プリントの山に耐えて、みんなよく頑張ってくれたと思います。

学調が終わって一安心と、緊張の糸が緩んでしまうかもしれませんが、
まだこれから、2月の私立受験、3月の公立受験と強敵が待ち構えています!
ここでぐっと踏ん張って高校受験に向けて頑張っていきましょう!

さて、こんな時間にブログを更新しておいてなんですが、
寝不足の状態だと普段の力の70%くらいしか発揮できないといいます。
皆さんはしっかり寝て、万全の状態で学調を受けてきてくださいね!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

自宅学習の仕方について♪

個別指導塾の学習空間、富士西・富士吉原教室の深澤です!

もう11月も終わりですね。
今年もあっという間に、年末を迎えようとしていますね。

私が担当する教室では、現在テスト対策を行っています。
中学生は定期テスト。中3生はそのあとに学力調査テスト。
高校生も定期テストと、11月はテスト月といっていいほどいろんな学校でテストがあります。

このテスト期間にどのように対策していくかで点数も変わります。

今回は少しテスト前の過ごし方についてお話させていただこうかな?と思います。

普段みなさんはテスト対策を行う際、塾・ご家庭で寝る前に勉強をしている方が多いと思います。
その時に「○○時までこの教科をやろう。」とか、学校のように時間で区切って進めている方が多くありませんか?

学校のようなカリキュラムであれば、次の授業の事もあるので中途半端でも終わらなければならないと思いますが、
一人で勉強をする際、中途半端で終わっては絶対にダメです。
勉強をするというのは、しっかり○付けをし、解説等を読んで解き方や公式などを理解。そして、もう一度間違えた問題を解く。を繰り返し、
何も見なくてもその問題は解き方が分かる状態になるまで続けること、そしてそれが定着することが勉強だと私は思います。

よく、○付けしてません。やただ間違えた問題は赤ペンで答えを書いただけ。という方がいますが、それは全く意味がありません。
せっかく自分の時間を勉強に費やすのであれば、無駄な時間は使いたくないですよね?
後で忘れてしまったのでもう一度やらなければということが無いように、しっかり1回で理解し、直前に軽く解きなおして最終チェックをするほうが断然楽だと思います。

毎回時間はかかるものの、直前にはある程度の時間で繰り返せるので、しっかり先の事を考えて行動することが大事だと思います。

ちゃんとした勉強の仕方を身に着けて、テストに臨んでいただきたいと思います♪

静岡の塾なら個別指導の学習空間

感謝の気持ちを

個別指導塾の学習空間、沼津西・富士宮教室の松本です!

先日、親御様に最近の様子をお伝えしている中で「こちらは送ることしかできないですがよろしくお願いします。」と言っていただきました。
車での送迎は生徒にとっては当たり前のように感じている子も少なくないですが、仕事・家事をやりながら送迎までもやることはとても大変なことだと思います。

こちらも貴重な時間を無駄にしないためにも1日1日大切にして、感謝の気持ちを持ち、しっかり結果につなげたいと改めて思う今日この頃です。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

受験当日まで

こんにちは。
個別指導塾の学習空間、三島北教室の髙村です!

中学3年生の学力調査もあと10日後に迫り、中学生はテスト続きで苦しい思いをしながらも目の色を変えて頑張っている姿には毎年感心させられます。
そしてこのテストが内申点を決める最後のテストになるわけですが、10月11月に入ってやっと危機感の出てくる生徒も多い中、この時期にもう内申点が決定し志望できる高校が限られてしまうというのは酷なもののようにも感じてしまいます。

もちろん立場上、2年生の頃から頑張らなかった自分の責任だぞと言いたいところですが、、、志望校もまったく決まらないうちに受験に向けて意識を持てというのはなかなか難しいよなあとも感じます。

しかし塾に通ってもらっている以上、成績を上げることはもちろんですが、何よりも受験勉強を通して、目標に向かって自分の限界以上の努力をしたり、辛いことを乗り越えて達成感を得る経験をしてほしいと思っているので、結果以前に、努力したという履歴は一生の財産になると個人的に思っています。
だからそれぞれが納得できる志望校を選択し、その受験当日まで精一杯の努力ができるよう応援していきたいと思います!

そろそろインフルエンザも流行りだしそうなので、受験生本当に気をつけてくださいね;;

静岡の塾なら個別指導の学習空間

”Constant dripping wears away a stone.”

個別指導塾の学習空間、静岡東部エリアのモチヅキです!

塾講師という仕事を始めて10年以上経ちました。

最近は、続けることから生まれる「深さと広がり」があり、同時に「慣れと飽き」があることを実感します。

そして、小さい慣れと飽きを経て、新たな局面へ向かって広がり深くなっていくんだなという感覚です。

結局、その繰り返しでまた続いていくことになっていくんだろうと、最近気づきました。

続けることの力は絶大ですが、続けていたことがやむを得ない事情で止まってしまうこともあります。

いったん止まってしまうとモチベーションが下がるだけでなくネガティブな気持ちにもなります。

いったん止まった後にもう一度動き始めるにはかなりの労力を要します。

再始動は始めることよりハードルが高いかもしれません。

以前、こんな話を聞いたことがあります。

「コップの中の透明な水に一滴のインクを落としたら、インクは水中でどんどん広がってすくい上げることはできなくなる。
コップの水を元の状態に戻すためには、水を注ぎ続けて薄めていくしかない。」

この場合、一滴のインクはネガティブな感情を意味します。
確かにネガティブな感情ほどいったん抱くと無意識にどんどんと広がっていってしまいますよね。

ではどうすれば良いのか?

インクをたらした水を限りなく浄化するためには、きれいな水を足し続けることしかないということです。

具体的には、新しいことに目を向けたり、素直な心で淡々とネガティブな感情に立ち向かい負の感情を少しづつ手放していくということではないでしょうか。

心をコントロールするのは簡単ではないですが、たとえどんな理不尽な目にあっても、それでも、やり続ける人でありたいです。

世の中には、不合理や不公平などのやりきれないことが多々存在しますが、そんなものに怯むことなく、常に前を見て「進化&深化」していこうと思います!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

11月30日(金)は第2回学力調査(中学3年)があります!

個別指導塾の学習空間、長泉・沼津東教室の小笠原です

11月15・16日に期末テストがある中学生のみなさん、何とかテスト2日目も1点でも多く取れるように最後まで頑張ってきてください!
『テストが終わったら少し休んでもいいですよ』と言いたいところですが、中3の生徒のみなさん、11月30日(金)には第2回学力調査があります・・・
このテストも志望校を決めるうえでとても大切なテストになります!12月の3者面談で伝えられる内申点と9月、12月の2回の学調の結果を参考に今後どこを受験すべきなのか、私立と公立を併願できるのか、それとも私立単願で受験するのかが決まります。30日の学調で点数が取れるのかどうかという未来は誰にもわかりません。でも、自分の思い描いている未来をつかみ取るチャンスはまだあります!残りわずかしか時間的に猶予はありませんが、自分の将来のために、ここはもう少し頑張ってみませんか?

静岡の塾なら個別指導の学習空間

もうすぐ冬。

個別指導塾の学習空間 静岡中部エリア、焼津小川教室&藤枝南教室の宮本です。

 少しずつ寒くなってきました。教室でも季節の変わり目をあらわすように風邪で欠席する生徒がちょいちょい出ています。教室には手洗い場がありますので手洗いはこまめにしていきましょう。また、マスク、アルコール消毒も常備してありますので、予防はしっかりしていきましょう!

 ところで、静岡県の中3は学調まであと少しですね。あと少しですよ?『まだ3週間もあるんじゃね?』って思っている人は要注意です!先日の期末試験で内申点がほとんど決まってしまいますが、進学・進路を学校の方と相談していくうえでも、学調はかな~り重要な試験です。今の自分の実力と目標までの差があと何点なのか、しっかりと意識して、やるべきことをやってください。年内最後、勝負の時はもうすぐです。

 そして私の教室には、大学の推薦入試を控えている高3の子たちもいます。『内申がしっかりあれば国公立は大丈夫』、『私立なら学校の指定校は100%うかる』などとは考えず、万が一のことに備えていきましょう・・・。まぁ言わなくても、日々勉強に取り組んでいる彼らなら大丈夫だと信じてます。

 先日の坂東先生のブログ記事にもありましたが、まだ勉強に対して曖昧な人は今一度、『意識を変えて』、残りの3週間を過ごしてみてください。少しだけ未来がいい方向に向くはずです。期末試験でコケた人は特に。

 大変な時期が続きます。寒さも試験も厳しい季節です。私の目標はまず、健康第一でいきたいと思います。でなければ指導ができませんので(´―`)

静岡の塾なら個別指導の学習空間☆各教室のお休み確認もこちらから

個別指導塾の学習空間、御殿場・裾野教室の宮川です!

最近、いろんなことが合理的だな、と思うようになってきました。
例えば、時間てなんで12進法なんだろうって不思議に思いますよね?
答えは簡単で約数が10より多いからです。
10時間で半日だった場合、4分割できなくなります。12進法なら4分割したら3時間ときちんと整数で割れます。
セミの中には13年と17年地中で生きるものがいるらしいのですが、なぜ13年と17年なのか。例えば、13年セミは13年に一回、成虫が大量に発生します。17年セミは17年に一回大量発生します。ただ、この二種類が同時に大量発生するとエサが足りなくなります。なのでこの2種類のセミはお互い同時に発生しないように13と17年ごとに成虫になるようにしているんです。
13と17の最小公約数って221なので、ほとんど同時に大量発生しないような周期なんです。(221年に1度だけ同時に大量発生しますけど)例えば12年と18年なら36年で同時に大量発生してしまいます。よくできてますよね!?
他にも一見なんで?と思うことにも合理的な理由が隠されているかもしれませんね。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

平成最後の・・・

個別指導塾の学習空間、三島南教室の齋藤です。

2018年も残すところ2か月を切りました。
そろそろ何かにつけて「平成最後の~」って言葉がニュースや情報番組で使われていますが、
僕もそれに乗っかってみようかな。

平成最後のハロウィンが終わり、町ではクリスマス色が強くなりはじめ、
お正月飾りも見られるようになりました。
さて、平成最後の中学3年生にとっては
まったく気が抜けない11月をどのように過ごしているでしょうか。
来週、すべての中学で定期試験が行われ、
その2週間後には平成最後の学力調査が実施されます。

だんだんしつこくなってきましたね、ねちっこいってよく言われます。

内申が決まるのもこの1か月弱の努力!
ひょっとすると年内最後の登場かもしれないので
一足早いですが良いお年を。

以上、齋藤でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

まずは気持ちを変えること

個別指導塾の学習空間、静岡中部エリア 藤枝北教室&藤枝南教室の坂東です。

皆さんこんにちは

またまたテスト期間での投稿となってしまったのでテストネタになってしまってすみません。
11月は静岡県の中学生は、定期テストや学力調査に向けて頑張っている時期だと思います。

中学三年生でこの時期にまだ火がついていない子に関しては目標がまだ明確になっていないことが原因に挙げられると思います。

どこの高校でもいいと思っていたりする子の『頑張る』と、明確な志望校の目標があり、志望校に受かるには何点くらい取れば良いかがわかっている子の『頑張る』とでは結果に大きな差が生まれます。

今でもまだ目標が決まっておらず、『別に』『でも』『だって』などのネガティブな言葉が口癖のように口から出てしまっている子や、他の人から何か言われるたび『やってるよ』『頑張ってるよ』と言ってる子は正直まだ全力は尽くしきれていないはずです。本当に全力を尽くしていてそれでもできない時というのは案外そういう発言はしないものです。

そのような発言ばかりしている子はあと一カ月後に泣くことになるかもしれません。なので今のうちから意識しておきましょう。あと、この時期にまだ中三の仲間同士で足の引っ張り合いをしている人達はそのまま足の引っ張り合いを続けていると、そのうち他の頑張っている子たちに抜かれて置いていかれるでしょう。

そんな子を助けてあげたいと皆さんは思いますか? しかし、それでも私たちはそんな子を一人でも減らしてあげたいと思っています。だから今この時を機に変わる努力をしてください。そして、頑張りが相手に伝われば周りの人も協力してくれるはずです。

有名な言葉で、「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」という、ウィリアム・ジェイムズ(心理学者、哲学者)の言葉があります。

皆さんがその第一歩を今踏み出してもらえることを期待してます。

静岡の塾なら個別指導の学習空間