ヤバい塾

日本語っておもしろいんです

こんにちは!

個別指導塾の学習空間、富士西教室講師・学習空間プラスの内藤はる菜です。

 

今回も日本語のお話を、、「役割語」って聞いたことありますか?「バーチャル日本語」と呼んだりもします。

「役割語」って何語だよって思っている方、実は普段から私たちは触れている表現なのです!

 

アニメや漫画、映画などに特に多い表現です。

先にどういうことか説明すると、

話し手の特定の人物像(年齢や性別、職業、時代、階層、性格)が分かる言葉遣いのことです。

 

具体的には、

1,おお、そうじゃ、わしが知っておる。

2,あら、そうよ、わたくしが知っておりますわよ。

3、うん、そうだよ、ぼくが知ってるよ。

4、んだ、んだ、おらが知ってるだ。

5、うむ、さよう、せっしゃが存じております。

 

1~5は内容は全部同じですが、話している人物が違うと感じませんか?

これが「役割語」なんです!

実際に私たちが生活で使うことはあまりないです。テレビや本のなかで触れることの方が多いです。

ですが、これらを聞いても私たちは違和感を覚えないですよね。

 

英語で「 I 」は日本語だと「私、ぼく、おれ、うち、、、」複数あるんです。不思議ですよね、なんでこんなふえちゃったのか。

でもそれだけ表現が多いからアニメやドラマがキャラがはっきりして

私たちは面白いと感じるのかもしれません。

外国人はアニメをみて変な日本語を覚えている人がたまにいます。日本語って使う相手によって変えなければならないから大変なんですよね。

 

普段当たり前だと思っていることを、改めて調べてみると知らなことってたくさんあります。

皆さんもいろいろなことに興味を持って、深く調べてみてください!

 

定期試験が終わった人は気を抜かず、これからの人は焦らず、楽しい事を見つけながら勉強を頑張っていきましょう!

 

以上、内藤でした★

 

<a href=”http://www.gakushu-kukan.com/shizuoka/”>静岡の塾なら個別指導の学習空間</a>

ツーリング

個別指導塾の学習空間、長泉教室・沼津東教室の円谷です!

最近昼間はすごく暖かくなってきましたね!
寒い時期は休みの日でも家から出ることに抵抗があり、つい家に引きこもりがちに。。。

家ではだいたいHuluやYoutubeを見てるのですが、最近ツーリング動画をちょこちょこ見ています。
すると段々バイクを乗りたい欲がうずうずと・・・!

という訳で実家からバイクを輸送して持ってきました!
バイクといっても50ccのマニュアルバイクなので原付の免許があれば乗れるやつです。

休みの日はいろいろとのんびりツーリングしたいですね!

さて、GWが明けすぐにテストがある学校も多いかと思います!
6月にテストがある皆さんもこのGWしっかりと対策し、今年度初めのテストで勢いをつけていきましょう!

以上、円谷でした♪

静岡の塾なら個別指導の学習空間

Lucky to have such a wonderful team!

個別指導塾の学習空間、沼津西教室のモチヅキです!

先日、学習空間年間コンテストが開催されました。
1年を通じて素晴らしい結果を残した教室や講師やエリアを皆で讃える目的です。
入塾率や退塾率や成績率や生徒数などの項目があり、各項目ごとに年間の結果を数値化して、その数値を競います。

年々レベルアップしており、コンテストで表彰されるのはかなりの難関になっています。
学習空間の素晴らしい講師の中から表彰されることはとても名誉なことであり、1年間の苦労が報われる瞬間です!

コンテストで表彰されるために指導している講師など誰1人としていませんが、表彰される先生たちは素晴らしい講師たちばかりです。

もちろん今回表彰から漏れた中にも素晴らしい先生はたくさんいます。
あくまで、昨シーズン限りの結果ではあります。

そして数字が講師の能力のすべてを表しているわけではありません。
例えば、瞬間瞬間の素晴らしい指導や生徒の心に深く刻まれるような指導や生徒と過ごしたかけがえのない時間は、ときとして数値には表れません。
それに、数字に縛られるような指導は、我々が目指しているものとは大きく異なります。

我々の求める指導は数字のはるか先にあります。
でも数字という最低条件を満たさなければその先の切符も手に入れることができないのだと思います。
さらに、数字というバロメーターがないと時として道を誤る危険性もあります。
数字は確かに大事です。そこから逃げてはいけません。

だからこそ僕は常日頃から「数字に縛られないために数字を残す」ことを心がけています。

それはそうと、先日のコンテストで僕は、個人賞として「SN賞」という賞をいただきました。
SN賞とは個人の数値のトップ5に与えられる賞です。

残念ながらトップにはなれませんでしたが、僕より遥かに良い先生がいる中での受賞はとてもうれしかったです!

しかし、自分一人の力で獲れたわけではありません。
エリアの講師たちの支えなしにはこの結果はなかったと思います。

僕が教室運営に集中できるように僕をそばで支えてくれたエリア長補佐の斎藤先生、柏木先生、宮川先生、彼らのサポートがどれだけ貴重だったか、、、、・言葉では言い表せません。感謝しかないです!

エリアの事務面を陰で支えてくれた伊佐先生、伊佐先生のおかげでかなり僕の負担が軽減され、のびのびと教室指導ができました!伊佐先生は滋賀エリアに旅立ちましたが、ご活躍を祈っています!

そして、エリア講師の皆さんの協力も忘れられません。
嫌な顔一つせず、エリアのために献身的に動いてくれました。

後輩の面倒見の良い及川先生、生徒へも優しい対応をしてくれています。
今シーズンから富士宮教室長に就任する内村先生、やる気MAXです!きっと良い教室ができると思います!
三島南教室の新教室長の安藤先生、とことん精神、自己犠牲の精神をもった素晴らしい講師です。
のみ込みが早くとてもポテンシャルの高い円谷先生、期待しています!
献身的で、いつも手厚い指導をしてくれている福地先生、頼りにしています!
まだ入社間もないですが早くも逸材ぶりを発揮している内藤先生、言うこと聞いてくださいね(笑)
同じく入社間もないですが生徒目線にたった指導をしてくれている長橋先生、若いフレッシュなパワーで生徒をハッピーにしてください!

最後に沼津西教室で一緒に指導をしてくれている露木先生、抜群に生徒を惹きつける魅力と類まれなる行動力で最高の指導をしてくれています。
露木先生と一緒に指導ができて光栄です!世界一の講師です!

とにかく皆には「ありがとうございました!」を56億7000万回くらい言いたいです!
ここで紹介した静岡東部エリアの講師たちは目の前の生徒たちのため、日々全力、とことん指導を行ってくれています。

全員がヒーローです。

2021年シーズンがすでにスタートしました。

今シーズンも「生徒や親を感動させるヤバイ塾」を目指して生徒一人一人に向き合っていきたいと思います。

そしてシーズン終了後、皆が笑顔になれたら、、、、、

とっても素敵です!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

If doors of perception were cleansed, everything would appear to man as it truly is, infinite!

個別指導塾の学習空間、沼津西教室、家庭教師の学習空間プラスのモチヅキです!

ここ最近、特に夜からは冷たい風が吹いています。
僕の部屋は南向きなので午前中は窓を閉めると暖房なしでもTシャツで居れる温かさなのですが、窓を開けて一歩外に出るともう極寒のシベリアのような雰囲気の冷たさに見舞われます。
外に出ると雪をいただいた富士山がくっきり見えます。
でもとにかく寒い、とてつもなく寒いです。

2020年は皆さんにとって特別な年だったと思います。良い意味ではありませんけどね。
そして、年が明けて早速の緊急事態宣言の発令!!!!

2021年が世界がどんな風になるかは誰にもわかりませんが。必ずサバイブして、自分にできること、、、、
「生徒や仲間をハッピーにすること!」
は絶対にやり遂げるつもりです!

さて、世の中、自粛モードが漂う中で、お部屋で過ごす時間が長くなりますね。
ん~、どうやって過ごそうか?

読書、ゲーム、動画鑑賞、お料理、モノ作り、睡眠、お勉強(笑)、、、

僕は、専らお勉強、、、と言いたいところですが、、、、
今日はスポーツ観戦を楽しみました。

全国高校サッカー選手権の決勝戦をTV観戦しました。

実は僕、こう見えても小学生時代からサッカーをやっていました。

通信教育ですけど、、、、、

と、岡八郎師匠のパクリで皆さんがドン引きしたところで本題に入りたいと思います(笑)

昨年末、世界のサッカー界は「神」を失いました。
小さな体でひとり異次元なプレイ。
何から何まで強烈な「個」。
「情」が強すぎて、あまりにも人間的すぎるが故にサッカー界でも私生活でも様々なトラブルを抱えていました。
それでも、世界最高のプレイヤーであることにはかわりなく、そしてたとえ世界最高峰のプレイヤーになっても生まれ育ったチームのことをいつまでも愛していて、プレイヤーとして超多忙な日々を過ごしていても生まれ育ったチーム「ボカ・ジュニオールズ」の重要な試合には飛行機に乗って駆け付けていました。

それがどんなにすごいことか。。。
僕の知っている限り、そんな選手は世界のどこを探してもいません!

彼の名は「ディエゴ・マラドーナ」
少年時代は、マラドーナがサッカーでした。

そんな彼を失って僕のサッカー―熱は急激に冷めてしまっていましたが、今日、日本の高校サッカーの決勝を観て、またサッカーへの熱い想いが蘇ってきました。
近年、日本のサッカーのレベルは急激に上昇してきています。
特に女子サッカーは今や世界のトップレベルにあります。
JFAアカデミーの女子のU15やU18の試合をたまに見に行きますが、とんでもないレベルです!!!!

女子サッカーの世界的地位に比較すると男子はやや劣りますが、それでも昔に比べたら格段の進歩があります。
個々のスキル。戦術眼。練習方法、、、、

特に戦術や指導方法は情報化社会の恩恵によりかつては知りようがなかったものがどんどん情報共有化され、どの地域にも関係なく実践できる点が大きいのだと思います。
以前、静岡のサッカー協会の方に「なぜかつてのサッカー王国静岡のサッカーが低迷してしまったのか?」と聞いたところ、
「指導法の流出」「選手の流出」「県内での足の引っぱり合い」そして一番は「慢心」だと仰っていました。

どこの組織にも当てはまることですね。

さてさて今日の試合に話を戻します。
今年の全国高校サッカー選手権の決勝は、
僕の地元の(笑)山梨県代表の山梨学院高校 VS 青森山田でした。

大方の予想を反して山梨学院高校が見事な堅守速攻戦術でPK戦の末青森山田高校を下しました。
優勝するまで3試合のPK戦での勝利があったため色々といちゃもんを付ける人が出てきそうですが優勝は優勝です!
大会レギュレーションは大会前からあったもので山梨学院が決めたルールではないです。

心から「おめでとう!」と伝えたいです!

試合の実況の中で山梨学院の監督の「試合に勝つためには戦術と戦略が重要だ。戦術で自分たちの良さを引き出し、戦略で相手の良さをつぶす!」という言葉が紹介されていましたが、とても共感しました。また、御年78歳になる総監督の横森さんは「自分より強い相手に向かって必死に立ち向かっている高校生の姿は美しい!だからやめられない!」と言っていましたが、これも今の自分の仕事にも通じるところがあり触発されました!

昨年は僕の第二の地元である静岡県代表の静岡学園が優勝、そして今年はホントの地元の山梨代表の山梨学院高校が優勝と、高校サッカーを2年連続で楽しませてもらいました。

ちなみにですが、U18のマイホームチームは僕たちが勉強を教えている「JFAアカデミー」ですが、昨年はクラブチームと高校サッカーチームが対戦する「プリンスリーグ」という大会で全国制覇した静岡学園とJFAアカデミーは2試合戦いました。
そしてそしてそのスコアは、
なんと!!

JFAアカデミー 4:1 静岡学園
JFAアカデミー 3:0 静岡学園

2試合合計7対1でJFAアカデミーが圧勝でした!
つまり僕の中ではマイホームチームのJFAアカデミーが日本一でした。

今年は??
と思って調べてみましたが

JFAアカデミー 1:2 山梨学院高校

負けちゃってました(泣)
山梨学院さすがです!
でも山梨学院なら日本一を譲ります(笑)

マラドーナ、グッバイ、、、
コロナショック、、、

で落ち込んでいましたが、たくさんの元気をもらいました!

たいへんな世の中ではありますがまだまだ捨てたものじゃありません。
感覚を研ぎ澄ませていれば今まで気づけなった素敵なことに気づくチャンスです!

「知覚の扉が澄み渡れば、すべてはありのままに永遠のものとして君の目の前に顕れる!」
~ウィリアム・ブレイク~

静岡の塾なら個別指導の学習空間

冬期講習が始まります

個別指導塾の学習空間、三島南&長泉教室の齋藤です。

今年も残すところ1週間と少しになりました。
僕はこの年末のバタバタ感は好きです。
楽しみにしている特番があるからか、年末年始休暇があるからでしょうか。

静岡東部エリアでは、25日から冬期講習が始まります。
いろいろな誘惑がありますが、それらに負けずに冬休みを過ごしてほしいです。

それでは来年またお会いしましょう。

以上、齋藤でした。
静岡の塾なら個別指導の学習空間

All you need is “Adaptation to the organization”!

個別指導塾の学習空間、沼津西教室のモチヅキです!

皆さん、リーダーというとどのようなイメージをお持ちでしょうか?
「組織や集団の先頭に立ちグイグイ引っ張っていく!」
「カリスマ性で人を魅了して導いていく!」
そんなイメージが強いのではないでしょうか。

興味深い記事を見つけました。
狼のリーダーの話です。
狼の群れというとリーダーが先頭で群れを導くというイメージですが、実は違うようです。

先頭の3頭(赤丸)は高齢や病気の個体。先頭を歩き、群れ全体のペースを決めるそうです。
次の5頭(黄色四角)と後ろの5頭(緑四角)は群れの中でも強い個体で、前方と後方からの襲撃に備え、群れの中央部分を保護するとのことです。
そして、一番最後が群れのリーダーなのだそうです。

一番後ろのリーダーは、 群れの誰も取り残されないよう、全員が同じ道を歩くよう気を配り、 群れを守るためにあらゆる方向に走り出すことができるようにしています。
リーダーであるということは、必ずしも先頭に立つということではなく、自分のチームを適切に取り仕切るということであるということを表しています。

もちろん、リーダーには様々な形があってよいと思います。
全部が狼タイプでなくても良いと思います。先述の「先頭を走るタイプ」や「カリスマタイプ」「ライオンタイプ」や「猿タイプ」、「象タイプ」など、いろんなのがあっていいのだと思います。
どれも間違いじゃないし、どれも長短あります。
問題は「自分にあったタイプ」と「そのタイプの群れ」が見つかるかではないでしょうか。

人間でも動物でも集団や組織を無視しては生きていけません。
いくら能力が高くても自分の力や個性が活かされる「群れ」や「組織」を選ばないとせっかくの才能が無駄になってしまいます。

「自分に合った組織を的確に選択する」
もしくは
「自分の選択した組織に順応する」

このことが個人と組織の双方がHAPPYになれる秘訣ではないでしょうか。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

インフルエンザ予防接種、受けた?

個別指導塾の学習空間、三島南&長泉教室の齋藤です。

朝晩と昼間の温度差が大きくなってきました。
毎年この時期は体調を崩すんだよなーと思っていた途端、
やはり先週、僕だけではなく家族内で皆風邪をひきました。

風邪といえばインフルエンザの季節になってきました。
特に受験生の皆さん、予防接種は済ましましたか?
既に受けた人は、予防接種を受けたからインフルエンザにかからないというわけではないので注意してください。

予防接種とは、あくまで発症を抑え、重症化を防ぐことです。
かからなくなるというわけではないので注意が必要です。
とはいえ、今年はコロナの影響で、外出後、うがい・手洗いの習慣は身についているはずなので、
寒くなり乾燥してきたこの時期だからより一層、体調管理には生徒も講師も気をつけたいところですね。
予防接種がまだの人はお早めに!

以上、齋藤でした。
静岡の塾なら個別指導の学習空間

涼しくなってきました

個別指導塾の学習空間、三島南&長泉教室の齋藤です。

9月末から朝晩は涼しい日も増え始め、この夏フル稼働していたエアコンを使わない日も増えてきました。
とはいえ、昼間との温度差が大きくインフルエンザの季節にもなってくるので、
体調管理はより一層注意するようにしてください。

話題がコロナウイルス関連一色だった上半期も終わり、学校によっては遠足や自然教室などのイベントも実施されるようになったそうです。
例年通りとはいかないと思いますが、いい思い出作りをしてもらえたらと思います。

もう2020年も残すところあと3カ月弱となりました。
明るい話題があまりなかったので来年はいい年になりますよう・・・

以上、齋藤でした。
静岡の塾なら個別指導の学習空間

秋ですね!

こんにちは!
個別指導塾の学習空間、沼津西教室&学習空間プラスの露木です!

最近やっと夜が涼しくなってきて、この4連休で少し衣替えをしました!(^▽^)/
私は夏よりも秋冬の洋服のほうが好きなので、衣替えをしているときはわくわくしていたのですが、今年の冬はインフルエンザやコロナウイルスに特に敏感になると思いますので、お気に入りの洋服たちを着てお出かけすることができるか心配です。。。(笑)

さて、最近の出来事といえば、9月18日に愛犬の誕生日でした!(^^)/
私が小学校1年生のころから一緒にいてくれているので、今年で18歳です(´;ω;`)☆
ご飯もたくさん食べ、よく寝てとても健康でいてくれていることに、毎日大感謝です!!
私は兄弟や姉妹がいなく、一人っ子なので愛犬が妹のようでした。
今でも一番大切な存在で、大事な家族です(^▽^)/
これからもずっとずっとそばにいてもらえるように、毎日の愛犬の体調管理をしっかりしていきたいと思います。

これから涼しくなっていきますので、皆さんも体調管理には十分にお気をつけください!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

“Think different”

個別指導塾の学習空間、沼津西教室のモチヅキです!

大人になると、この世界とはこういうものだと決めつけて、自分の人生もその中にある人生を生きるようになりがちです。

出る杭は打たれるので、はみ出すことはなるべくしないように、できるだけ壁を叩くようなことはしないほうが良いと考えがちです。

そして無難な人生を歩み、良い家庭をもって、楽しみ、少しばかりの金を貯めることが幸せだと思い込むようになります。

「そういうのは、とても制約された人生だ。たったひとつ、単純な事実に気づけば、人生は可能性がずっと開けたものとなる。」とappleの創設者のスティーブ・ジョブズがかつて語っていました。

単純な事実とは、「周りの状況は自分で変えられるし、自分が周りに影響を与えることもできるし、自分のものを自分で作ることも、他の人々にもそれを使ってもらうこともできる。」ということ、、、。

さらには「人生は変えることができると理解すれば、自分で人生を造形していくことができる。それこそが、おそらく何よりも大切なことなのだ。それこそが、人生はそこにあり、自分はその中で生きるしかないという誤った考えを揺さぶって振り払い、人生を抱きしめ、変化させ、改善し、自分自身の痕跡を刻み込むということなのだ。」とも言っています。

 

1997年、当時のappleは「”Think different“(シンク・ディファレント)」というスローガンを掲げました。

そのCMのナレーションが以下のものです。

僕が世界で一番好きなCMです!

「クレイジーな人たちに祝福を。はみ出し者、反抗者、トラブルメーカー、場に馴染めない人たち。 彼らは物事を違った見方をする。彼らは規則を好まない。現状維持なんて毛頭も考えていない。君たちは彼らの言葉を引用することも、同意しないこともできるし、奴らを持ち上げることも、こき下ろすこともできる。

おそらく唯一、君たちができないことは、彼らを無視することだろう。なぜなら彼らは物事を変えてしまうからだ。彼らは発明し、想像し、癒し、探究し、創造し、ひらめきを与える。彼らは人類を前進させるのだ。

きっと彼らは、いかれずにはいられなかったのだろう。

そうするほかに、真っ白なカンバスに芸術作品を見いだす術はあるのか? 沈黙の中に誰も書いたことがない歌を聴く術はあるのか? 赤い惑星を見つめて車輪付きの実験室を考え出す術はあるのか?

私たちは、そういう種類の人間のための道具を作っている。

彼らをいかれた連中と見る人もいるが、私たちはそこに天才を見ている。世界を変えられると考えるくらいいかれた人々は、世界を変えていく人たちなのだから。」

 

静岡の塾なら個別指導の学習空間