ヤバい塾

社会人1年目

皆さんこんにちは

個別指導の学習空間 静岡中部エリア

焼津小川教室&焼津小川教室の上石(あげいし)です。

自分は新社会人だったのでとにかく全部が初体験でした。

みんなに対して「初めまして」で、夏期講習やBBQ、もちろん、日々の指導も初めてのことでした。

仕事だけじゃないですよ?

夏期講習が終わったらアニサマに行って、次の週は個人的に応援しているライブに行って、そのまた次の週に東京ゲームショウも行きましたね。(これ全部9月ってのすごいな・・・。)

少し話は変わりますが、つい先日高校生の同級生と会って話をする機会がありました。
その中で『働いているからこそ「休みの日」にすることは熱意をもってやれる』という言葉が印象に残っています。

同級生の中には金融関係の人、公務員、学生など様々な立場の人がいたのですが、就職している人全員が(自分含む)その言葉に頷いていたんですよ。
普段心血を注いでやらねばならないことがあるからこそ、自由に計画できる時間は有意義に使いたい。そんな気持ちが学生の頃よりも一段と大きくなりました。

来年もやりたいこと、行きたい場所で、全力全開で楽しむことができるように毎日を過ごしていきたいなと思っています。
(5月、絶対ライブ行くからな・・・!!!)

以上、上石でした。
皆様、よいお年を!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

新年新体制

個別指導塾の学習空間、三島南&長泉教室の齋藤です。

今年もいろいろありましたね。
急な話ではありますが、三島南教室は年明けから、
約2年半共に教室運営をしてくれていた柏木先生が異動することになり
新たに安藤先生と教室運営をすることになりました。

柏木先生は三島北教室に入ることになり、
最高の相棒が最大のライバルになってしまいました。

教室運営は1人でするものではありません。
組んでいる講師同士が信頼し合い、同じ目標に向かって生徒第一主義の下、
日々指導に臨んだ結果、良い教室ができるのだと学びました。

来年は三島北教室より良い教室を作るという個人的なライバル意識は持っていますが
お互いに良い教室運営をして三島ダービーを制することが地域貢献だと考えています。

今後とも三島南教室をよろしくお願いします。
それでは令和2年にまたお会いしましょう。
以上、齋藤でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

キ~~~ッッン!!!

皆さんこんにちは

個別指導の学習空間 静岡中部エリア

焼津小川教室&焼津小川教室の上石(あげいし)です。

 

今回は塾のお休み期間中のことについてお話ししようかと思います。

 

実はお休みの初日から東京へ遊びに行っていました。

大学生のころから東京に行くたび通うお店があり、今回もそのお店に行かせていただいたんです。

 

お店の名前は「雪菓」といいます。

何を提供しているお店か想像できるでしょうか…?

 

正解は“かき氷”です。

「こんな真冬に…。」と思いましたかね?(笑)

東京の、巣鴨商店街からひとつ道を外れたところにあるんですが、一年を通してお客さんがいる人気店なんです!

夏は人気すぎてかなりの待ち時間になってしまうので、むしろ今の季節は狙い目なんです。

店内は暖房がしっかり効いているので、かき氷食べたから寒くなったなんてことはありませんよ!

 

新作の期間限定メニュー「ずんだミルク」をいただきましたが、枝豆の濃厚な風味と絶妙な塩気がたまらない一品でした。

 

いつになるかはわかりませんが、次また食べに行ける日を、首をながーーーくして待ちたいと思います。(笑)

 

興味を持たれた方、山手線巣鴨駅から徒歩で10分足らずの場所にありますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

余談ですが、かき氷を食べた後、見事におなかを冷やして結構な回数トイレに駆け込みました(;^ω^)

それでもおいしいから食べちゃうんですけどね!!!

 

以上、上石でした。

 

静岡の塾なら個別指導の学習空間

師走

個別指導塾の学習空間、藤枝北・焼津小川教室の村田です!

 いよいよ本格的に受験シーズンになってまいりました。推薦の生徒はもう終わって結果が出てきたころではないでしょうか。藤枝北も焼津小川も今年は推薦の生徒が合わせて4人いましたが全員合格してくれました!あらためてオメデトウ!!!!!!🎊🎊🎊

 大学の推薦のシステムは昔と比べて実にいろいろな種類があります。指定校推薦・AO入試・公募推薦などなどチャンスもいっぱいあるのは昔の人間である自分からしてみたらすごくうらやましいです。あとは高校生の内申点の1年1学期から3年の1学期までの平均評定が大学にいくことになります。高校受験は中3の2学期の内申がいくことになり大きな違いです。中学生は学調も終わり、内申点もぼちぼち出そろってきて進路を決める時期になっています。2学期は頑張れましたか?提出物しっかり出して授業をまじめに受けてテストも頑張れたでしょうか。おそらくどの生徒も今まで以上に必死にやってきたと思います。あとは受験のみ、しっかりと過去問を分析して問題に慣れ、志望校は何点なら合格するのかなど万全の状態で受験に向かいたいですね。学習空間では冬期講習で過去問の演習を3年分やってその後1月の終わりから2月の終わりまでの日曜日をつかって直前講習をやります!本番と同じレベルの問題を合計で8回解くことになりますので必ず慣れていきます。普段のテストとはやはり難易度が少し難しめにはなっていますが逆に出る形式などは毎年ほぼ同じなので対策は間違いなくしやすいですよ!
 
 最後まで突っ走ろう!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

学力調査対策

個別指導塾の学習空間、三島南&長泉教室の齋藤です。

三島市で多くの中学(全て?)で15日に定期試験がありました。
中学3年は2週間後に学力調査を控えている今、今週末はゆっくりできるじゃんとは今回は言えません。
その代わり2週間後の週末は軽く息抜きをしてもいいかと思います。

ちなみに裾野市ではテストは来週にあるらしく、学力調査との間は1週間強しかありません。
まぁ決められてしまった日程に文句を言っても仕方がありません。

とはいえ、残りの2週間弱の間に中1からの幅広い範囲の対策は何をやればいいのか。
進学校を目指すみなさんは市販されている学力調査の対策問題集をガンガン進めればいいでしょう。
勉強があまり好きではない、得意ではみなさんは、夏の学力調査には範囲ではなかった単元、
数学では2次方程式以降、理科では3年物理以降、社会では公民、特に憲法以降を重点的に対策するべきかと思います。
特に数学と社会では比較的最近やった単元じゃないかという反論もあるかもしれませんが、
夏に範囲外で冬に含まれるということは出題される可能性が高いということです。

それでは残す2週間、なぜベストを尽くさないのかと鏡の中の自分に尋ねてみてください。
以上、齋藤でした。

★☆★沼津西教室★☆★

個別指導塾の学習空間、沼津西教室、家庭教師・1対1指導の学習空間プラス静岡東部エリアのモチヅキ★ヤスヒロです!

先日、友人が理不尽な理由で上司に叱られたという愚痴を聞いたのですが、自分の人生の中でも理不尽に叱られた経験があります。

中学時代のサッカー部の試合での出来事でした。その日僕は比較的好調だったのですが、他のメンバー達は普段しないようなミスを連発して監督から試合中叱責を受けていました。案の定、ハーフタイムにチームメイトたちは監督に「お前はここがダメだ!」という理由と共に鉄拳制裁を受けていました。

気が付けば自分以外全員鉄拳制裁を受け涙目で頬を抑えていました。次の瞬間、監督と目が合いましたが、その日の僕のほぼ完璧なパフォーマンスを考えれば「お前はヨシ!」となるはずでしたが、なんと監督は「ヤス、今日のお前は瞳が輝いていない!」というあり得ない理由で僕にも鉄拳制裁を食らわせました。ww

今、考えても理不尽極まりないです!www

さて話は変わりまして、今日は自分が担当している沼津西教室を紹介したいと思います。

まず僕のパートナーを紹介します。
僕のパートナーは、今年度入社の新人の露木麻絢先生です。

とっても素敵な先生で、明るくて前向きで周りのヒト達を笑顔にさせる才能を持っています。
「玉ねぎが食べられないダメな大人」という欠点もありますが、人間的に魅力的で生徒の心を惹きつけて生徒にとことん向き合う最高の先生です。

上司であるワタクシの言うことを全然きいてくれないアウトローですが、彼女は間違いなく学習空間のエースになります。さらにワタクシのいうことをきけば、学習塾業界のスターにも成り得る天才なので彼女の成長をなま温かく見守っていきたいと思います。


↑露木先生は自分のステッカーを教室内に貼ってチャッカリアピールしています。このあたりも抜け目がありません(笑)


↑またDCにも自分の写真を自ら貼り付けて猛アピールです!

次に教室のレイアウトを紹介したいと思います。
「子供達とって意心地の良い、かつ先生達にも意心地の良い」教室環境を目指しています。
あとは、「楽しさ」や「遊び心」も取り入れています。

僕と露木先生は「モノに囲まれていると安心する」という習性を持っています。
教室には僕と露木先生のお気に入りの「モノ」がところ狭しと並んでいます!自分的には「雑貨屋さんのような塾」を目指しています!ww


↑黒板、普段は掲示板みたいになっていますがいざとなったら授業もします!

まず僕たちが大好きな「モノ」は文房具です。特に露木先生は「あなた店員さんですか?」と思うくらい文房具に詳しくてよく文房具の機能を詳細に解説してくれます。基本的に「使う」というよりも「並べて眺める」のが好きです。


↑文房具コーナー1


↑文房具コーナー2

次に僕たちが大好きな「モノ」は参考書です。基本、本が好きなのですが職業柄、特に参考書には目がありません。これはさすがに「使う」のがメインですが「眺める」のも好きです。


↑中学生用本棚


↑露木先生お気に入りのディズニーの英語版の絵本コーナー


↑赤本コーナー


↑高校英数コーナー

そして、モンストグッズなども学習の邪魔にならないように控えめにディスプレイしています。実際指導中に自分達もかなり癒されていて指導のクオリティも高くなっています。


↑先生達のお気に入りコーナー

そして是非とも紹介したいのが、沼津西教室の大切な同居者であるお魚ちゃん達です。
子供達には生き物に直接触れることで生命の尊さを学んでもらいたいと思っています。
子供達もお魚ちゃん達のことをとても気にかけてくれてなかには飼育方法を教えてくれる子もいます。
いずれにせよ、お魚ちゃん達は沼津西教室の大事な仲間で講師、生徒ともに日々「癒し」をもらっています。


↑お魚ちゃん達

まだまだ紹介したいことがたくさんありますが今日はここまでにします。
近日中に第二弾も書きますので、乞うご期待を!

沼津西教室は、「世界一楽しくてモチベが上がる教室を創る。」「家庭、学校に次ぐ第三の場所を提供する。」ことを目指しています。

これを実現させるためには、講師の熱い想いやトコトン精神が必要だと思います。
そしていうまでもなく講師間の「絆」や「信頼関係」とがても大切だと思っています。

幸い、「玉ねぎが食べられないのと上司の言うことをきかない」こと以外最高の講師とパートナーになることができたので、きっと世界最高の教室になると確信しています!

必ず「生徒や親を感動させるヤバい塾!」にします!

皆さん、今後の沼津西教室にご期待ください!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

日射病って知ってる?

個別指導塾の学習空間、三島南&長泉教室の齋藤です。

夏期講習も終わりが近づいてきました。
夏期講習が終わるということは、夏休みの終わりも近いということです。
学力調査までは残すところ、あと2週間。
中学3年生で三島の祭りに学年の数だけ行ったという子はどのくらいいるのかな。

8月も後半ですが、まだまだ毎日暑い。
猛暑という言葉を自分の耳は拒否しています。

思えば僕が小中学生だった頃は、熱中症なんて言葉は聞きませんでした。
日射病に気を付けて外出する時は帽子を被りましょう程度の話でした。
今は日射病なんて言葉を聞きませんね。
一時期は猛暑を通り過ぎ、酷暑という言葉も流行っていたような。

冬の寒さも、夏の暑さも命に関わってくるので、やはり春か秋が一番ですね。
みなさん、体調管理は気をつけて、水分や塩分の補給をこまめにとりましょう。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

夏期講習とBBQ

個別指導塾の学習空間、三島南&長泉教室の齋藤です。

晴れた日はとても暑く、曇ったり雨が降ったりする日は肌寒く、
教室内でも風邪をひいている子がこの時期にしては多いと感じます。
僕も温度差にはとても弱いです。
肌寒い日は本当に夏なのかと思いきや、もうすぐ夏期講習が始まり、
学校では夏休みに入るのでやはり夏なのでしょう。

夏のイベントといえば夏祭りだの海に行くだのもう10年ほど夏らしいことはしていません。
夏休みはノープランという予定があります。
大学生の頃は、夏祭りとか花火大会とか超楽しみにしていましたが、今は・・・。

さて話はとてもそれましたが、8/10に静岡東部エリア毎年恒例BBQが実施されます。
去年は雨のため中止となってしまいましたが、今年は天候に恵まれてほしいものです。

三島南教室には、前もって夏休みの作文の宿題で、
やる前からBBQのことを書いてしまって嘘の作文を提出したというお茶目な子もいましたが、
当の本人は未だに参加申し込み書を持ってきていません。
おいおい・・・
とにかく多数の参加お待ちしています。

以上、齋藤でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

修学旅行シーズンの終わり

個別指導塾の学習空間、三島南&長泉教室の齋藤です。

6月に入ったので、ほとんどの中学では修学旅行が終わった頃ではないでしょうか。

塾講師としての仕事柄、やはり気になるのは修学旅行周辺の定期テストはいつになるのかということですが、
三島市では定期テスト終了後、何週間か後に修学旅行という学校が多かったです。

それに対し長泉では、テスト範囲が配られた後の修学旅行がほとんどだったので、
かわいそうだと思いましたが、僕も中学の時はそのパターンだったんですよね・・・。

GWをテスト勉強に追われるのと、修学旅行から帰ってすぐにテストがあるのとではどちらがいいのでしょう。
大人になった今なら前者を選びますが、自分がまだ学生だったら後者を選ぶかなぁ。

スケジュールに文句を言っても仕方ないと思いますが、
やはり普段から少しでも机に向かう習慣がついているのが理想的だと考えさせられました。

次の定期試験では修学旅行に関する問題が出題されるかもしれません。
特に歴史なんかは要注意ですね。平城京や平安京、室町時代は狙われるかもしれませんよ。
あとは英語で修学旅行の思い出を英作するとか・・・。
以上、齋藤でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間