三島

All you need is “Adaptation to the organization”!

個別指導塾の学習空間、沼津西教室のモチヅキです!

皆さん、リーダーというとどのようなイメージをお持ちでしょうか?
「組織や集団の先頭に立ちグイグイ引っ張っていく!」
「カリスマ性で人を魅了して導いていく!」
そんなイメージが強いのではないでしょうか。

興味深い記事を見つけました。
狼のリーダーの話です。
狼の群れというとリーダーが先頭で群れを導くというイメージですが、実は違うようです。

先頭の3頭(赤丸)は高齢や病気の個体。先頭を歩き、群れ全体のペースを決めるそうです。
次の5頭(黄色四角)と後ろの5頭(緑四角)は群れの中でも強い個体で、前方と後方からの襲撃に備え、群れの中央部分を保護するとのことです。
そして、一番最後が群れのリーダーなのだそうです。

一番後ろのリーダーは、 群れの誰も取り残されないよう、全員が同じ道を歩くよう気を配り、 群れを守るためにあらゆる方向に走り出すことができるようにしています。
リーダーであるということは、必ずしも先頭に立つということではなく、自分のチームを適切に取り仕切るということであるということを表しています。

もちろん、リーダーには様々な形があってよいと思います。
全部が狼タイプでなくても良いと思います。先述の「先頭を走るタイプ」や「カリスマタイプ」「ライオンタイプ」や「猿タイプ」、「象タイプ」など、いろんなのがあっていいのだと思います。
どれも間違いじゃないし、どれも長短あります。
問題は「自分にあったタイプ」と「そのタイプの群れ」が見つかるかではないでしょうか。

人間でも動物でも集団や組織を無視しては生きていけません。
いくら能力が高くても自分の力や個性が活かされる「群れ」や「組織」を選ばないとせっかくの才能が無駄になってしまいます。

「自分に合った組織を的確に選択する」
もしくは
「自分の選択した組織に順応する」

このことが個人と組織の双方がHAPPYになれる秘訣ではないでしょうか。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

“Think different”

個別指導塾の学習空間、沼津西教室のモチヅキです!

大人になると、この世界とはこういうものだと決めつけて、自分の人生もその中にある人生を生きるようになりがちです。

出る杭は打たれるので、はみ出すことはなるべくしないように、できるだけ壁を叩くようなことはしないほうが良いと考えがちです。

そして無難な人生を歩み、良い家庭をもって、楽しみ、少しばかりの金を貯めることが幸せだと思い込むようになります。

「そういうのは、とても制約された人生だ。たったひとつ、単純な事実に気づけば、人生は可能性がずっと開けたものとなる。」とappleの創設者のスティーブ・ジョブズがかつて語っていました。

単純な事実とは、「周りの状況は自分で変えられるし、自分が周りに影響を与えることもできるし、自分のものを自分で作ることも、他の人々にもそれを使ってもらうこともできる。」ということ、、、。

さらには「人生は変えることができると理解すれば、自分で人生を造形していくことができる。それこそが、おそらく何よりも大切なことなのだ。それこそが、人生はそこにあり、自分はその中で生きるしかないという誤った考えを揺さぶって振り払い、人生を抱きしめ、変化させ、改善し、自分自身の痕跡を刻み込むということなのだ。」とも言っています。

 

1997年、当時のappleは「”Think different“(シンク・ディファレント)」というスローガンを掲げました。

そのCMのナレーションが以下のものです。

僕が世界で一番好きなCMです!

「クレイジーな人たちに祝福を。はみ出し者、反抗者、トラブルメーカー、場に馴染めない人たち。 彼らは物事を違った見方をする。彼らは規則を好まない。現状維持なんて毛頭も考えていない。君たちは彼らの言葉を引用することも、同意しないこともできるし、奴らを持ち上げることも、こき下ろすこともできる。

おそらく唯一、君たちができないことは、彼らを無視することだろう。なぜなら彼らは物事を変えてしまうからだ。彼らは発明し、想像し、癒し、探究し、創造し、ひらめきを与える。彼らは人類を前進させるのだ。

きっと彼らは、いかれずにはいられなかったのだろう。

そうするほかに、真っ白なカンバスに芸術作品を見いだす術はあるのか? 沈黙の中に誰も書いたことがない歌を聴く術はあるのか? 赤い惑星を見つめて車輪付きの実験室を考え出す術はあるのか?

私たちは、そういう種類の人間のための道具を作っている。

彼らをいかれた連中と見る人もいるが、私たちはそこに天才を見ている。世界を変えられると考えるくらいいかれた人々は、世界を変えていく人たちなのだから。」

 

静岡の塾なら個別指導の学習空間

 

 

旅立ち

個別指導塾の学習空間、沼津西教室のモチヅキです!

この度、静岡東部エリアで約10年間指導していただいた松本先生が新エリア設立のため神奈川県へ旅立つことになりました。
松本先生は入社当初からエリア発展のために本当に力を尽くしてくれました。

まだ3教室位しかなかった静岡東部をここまで発展させられたのは松本先生の貢献があったからこそです。

先日、久しぶりに松本先生とご飯を食べに行きました。
これまでの思い出話に花を咲かせながらも彼の成功に期待を寄せながら今後の話もしました。

思えば、この10年間色々ありました。
一緒に遊んだり、一緒に悩んだり、、、、。
時には彼を厳しく叱責したこともありました。
私は必ずしも良い上司だったとは言えませんが、彼は最終的に何も言わず、私についてきてくれました。

彼には本当に感謝しています。
新天地でも絶対に成功してほしいです。

皆さん、新エリアの神奈川県央エリアをよろしくお願いいたします!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

初夏の風、新緑の匂い

個別指導塾の学習空間、沼津西教室のモチヅキです!

ここ数日は新型コロナの感染者数が比較的低い状態が続いたことで、多くの都道府県で緊急事態宣言が解除され、また、現在発令中の東京等もでも近々緊急事態宣言の解除が出るとの報道があります。

私の生活圏内での印象ですが、飲食店をはじめ徐々に営業を再開し街に人の流れが増えていると感じます。

静岡県では5月後半から6月にかけて学校が再開します。

今後の予定が徐々に出てくると思いますが、修学旅行や学園祭が中止になったりすると本当に生徒が気の毒です。

そのほかにも夏休みの短縮や冬休みの短縮があったり、、、、。

今後はそのほかにも色々な予定の変更や行事の中止も発表されるでしょう。

改めてやりたいことが普通にできることがとても幸せなんだなあと感じています。

でもまあこんな時だからしょうがないですね。おとなしく我慢しましょう。
先が見えない不安とみんなが戦っています。
早くみんなと普通に会ったり、楽しいことができるような日常が戻ることを祈ります。

五月も後半に入りました。初夏の風が吹いております。

新緑の緑と花の色、、、。

水田の水面に映る空と雲の色、、、。

良い季節です。

まだまだコロナの不安は続きますが、気持ちは前向きに、日常に感謝しながら生活していきたいと思います。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

あと少し!

 去年の年末に、ついに令和最初の年が終わると思っていましたが、令和2年となりあっという間に一か月が過ぎようとしています。
高3生はセンター試験が終わり、自分の受験大学が決まりつつあると思います。中3生は私立高校の受験が近づいています。みなさん希望の進路に行くことを目標に必死に勉強していると思います。思い返すと、この1年は、やりたいこと、行きたいところ、遊びたいことなど様々なことを我慢し、テストや模試をやっても満足のいく結果がでなかったりと苦しい思いをしながら勉強を頑張ってきたと思います。でも、それもあと少し!!もう一か月頑張れば嫌でも受験は終わります。ここまでやってこれたみんななら、最後までやり切れるはず!
 辛い時は学習空間の先生がついているし、みんなは一人じゃないです。だから、最後の最後まで、あきらめずやり切ろう!
 ここまで来たら、やるしかない!そう、最後までやり切るしかないです!頑張ったその先に、満足のいく結果は待っています。僕らはいつでもみんなの味方です!
 頑張れ受験生!最後の最後まで!

 三島北教室、富士西教室の柏木でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

最後の追い込み!

 12月となり、高3生の受験生にとって追い込みの時期となりました。センター試験が近づき、焦ることもあると思います。
  でも、大切なのはペースを崩さずやり抜くことです。時間は誰にでも平等です。その残された時間を、「あと一か月しかない」と思うか「まだ一か月ある」と思えるかで心持は全然違うでしょうし、やることも変わってくると思います。入試直前になっても、あと何時間もある、あと何秒もある、と思えるかで心の余裕は変わってきます。それによって、試験のときの気持ちも変わると思います。
 なので、焦るよりも、気持ちに余裕をもって取り組む方がいい結果につながると思います。
 高3生にとってこのあと大切になるのは、生活リズムの見直しです。毎日夜遅くまで勉強していた人は、夜型から朝型にもどす必要があります。夜型のままでは、試験のときまだ脳が起きていません。脳は目が覚めてから2,3時間たってから働き始めます。ということは、朝6時くらいには起きて脳を起こす必要があります。だから、夜は早めに寝て、朝はしっかり早めに起きるというスタイルにする必要があるのです。
 リズムを作るのもすぐにはできません。センター試験を一か月先に控えた今くらいからリズムを変えていく必要があります。
 高3生のみんな、体調に気を付けて万全の状態で試験に臨もう!学種空間は、いつでもみんなの味方です。困ったときはいつでも頼ってください。
 
 三島南、富士西の柏木でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

大切な時期だからこそ

 最近、昼間は暖かいですが、夜は寒さがつらくなってきました。こんな気温差が大きい時期に気を付けなければいけないこと、それが体調です。
特に、受験生のみなさん、体調管理がこの時期、そして、これからも最も大切なものの一つです。
 僕らの職業は生徒のみなさんが勉強するために快適な環境を作るのも仕事の一つです。そのため、あらかじめ予防できることの一つとしてインフルエンザです。予防接種を受けることで、インフルエンザにかかるリスクは減ります。予防接種を受けたからといって、必ずしもかからないわけではないですが、可能性は減ります。自分も先日、予防接種を受けてきました。自分として絶対インフルエンザになりたくないですし、誰かにうつしてしまうということもさ避けたいので。手洗いうがいが最強という話も聞きますが・・・。でも、備えすぎることは悪いことではないと思うので。受験生の皆さんも、予防接種を受け、手洗いうがいをし、万全な状態で日々の勉強ができるようにしてほしいと思います。ちなみに、予防接種は、効果が出るまでにしばらく時間がかかるそうですよ。なので、もっと後の時期や受験直前などに受けても効果が出るのは受験が終わってから、なんてことにもなりかねないので受ける時期はお早めに!
 追い込みの時期が近づいてきました!やれることは全部やって、頑張れ受験生!学習空間の先生はいつでも君たちに最大限の協力をしますよ!

 三島南、富士西教室の柏木でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

★☆★沼津西教室★☆★

個別指導塾の学習空間、沼津西教室、家庭教師・1対1指導の学習空間プラス静岡東部エリアのモチヅキ★ヤスヒロです!

先日、友人が理不尽な理由で上司に叱られたという愚痴を聞いたのですが、自分の人生の中でも理不尽に叱られた経験があります。

中学時代のサッカー部の試合での出来事でした。その日僕は比較的好調だったのですが、他のメンバー達は普段しないようなミスを連発して監督から試合中叱責を受けていました。案の定、ハーフタイムにチームメイトたちは監督に「お前はここがダメだ!」という理由と共に鉄拳制裁を受けていました。

気が付けば自分以外全員鉄拳制裁を受け涙目で頬を抑えていました。次の瞬間、監督と目が合いましたが、その日の僕のほぼ完璧なパフォーマンスを考えれば「お前はヨシ!」となるはずでしたが、なんと監督は「ヤス、今日のお前は瞳が輝いていない!」というあり得ない理由で僕にも鉄拳制裁を食らわせました。ww

今、考えても理不尽極まりないです!www

さて話は変わりまして、今日は自分が担当している沼津西教室を紹介したいと思います。

まず僕のパートナーを紹介します。
僕のパートナーは、今年度入社の新人の露木麻絢先生です。

とっても素敵な先生で、明るくて前向きで周りのヒト達を笑顔にさせる才能を持っています。
「玉ねぎが食べられないダメな大人」という欠点もありますが、人間的に魅力的で生徒の心を惹きつけて生徒にとことん向き合う最高の先生です。

上司であるワタクシの言うことを全然きいてくれないアウトローですが、彼女は間違いなく学習空間のエースになります。さらにワタクシのいうことをきけば、学習塾業界のスターにも成り得る天才なので彼女の成長をなま温かく見守っていきたいと思います。


↑露木先生は自分のステッカーを教室内に貼ってチャッカリアピールしています。このあたりも抜け目がありません(笑)


↑またDCにも自分の写真を自ら貼り付けて猛アピールです!

次に教室のレイアウトを紹介したいと思います。
「子供達とって意心地の良い、かつ先生達にも意心地の良い」教室環境を目指しています。
あとは、「楽しさ」や「遊び心」も取り入れています。

僕と露木先生は「モノに囲まれていると安心する」という習性を持っています。
教室には僕と露木先生のお気に入りの「モノ」がところ狭しと並んでいます!自分的には「雑貨屋さんのような塾」を目指しています!ww


↑黒板、普段は掲示板みたいになっていますがいざとなったら授業もします!

まず僕たちが大好きな「モノ」は文房具です。特に露木先生は「あなた店員さんですか?」と思うくらい文房具に詳しくてよく文房具の機能を詳細に解説してくれます。基本的に「使う」というよりも「並べて眺める」のが好きです。


↑文房具コーナー1


↑文房具コーナー2

次に僕たちが大好きな「モノ」は参考書です。基本、本が好きなのですが職業柄、特に参考書には目がありません。これはさすがに「使う」のがメインですが「眺める」のも好きです。


↑中学生用本棚


↑露木先生お気に入りのディズニーの英語版の絵本コーナー


↑赤本コーナー


↑高校英数コーナー

そして、モンストグッズなども学習の邪魔にならないように控えめにディスプレイしています。実際指導中に自分達もかなり癒されていて指導のクオリティも高くなっています。


↑先生達のお気に入りコーナー

そして是非とも紹介したいのが、沼津西教室の大切な同居者であるお魚ちゃん達です。
子供達には生き物に直接触れることで生命の尊さを学んでもらいたいと思っています。
子供達もお魚ちゃん達のことをとても気にかけてくれてなかには飼育方法を教えてくれる子もいます。
いずれにせよ、お魚ちゃん達は沼津西教室の大事な仲間で講師、生徒ともに日々「癒し」をもらっています。


↑お魚ちゃん達

まだまだ紹介したいことがたくさんありますが今日はここまでにします。
近日中に第二弾も書きますので、乞うご期待を!

沼津西教室は、「世界一楽しくてモチベが上がる教室を創る。」「家庭、学校に次ぐ第三の場所を提供する。」ことを目指しています。

これを実現させるためには、講師の熱い想いやトコトン精神が必要だと思います。
そしていうまでもなく講師間の「絆」や「信頼関係」とがても大切だと思っています。

幸い、「玉ねぎが食べられないのと上司の言うことをきかない」こと以外最高の講師とパートナーになることができたので、きっと世界最高の教室になると確信しています!

必ず「生徒や親を感動させるヤバい塾!」にします!

皆さん、今後の沼津西教室にご期待ください!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

体調管理に気をつけよう!

 最近、昼間や夜はとても健康なのですが、朝、鼻水がひどく息苦しくて目が覚めます。しかも朝早く・・・。そして、鼻水が止まらず再び寝ることができずそのまま起きている日々が続いています。
でも、昼前くらいになると止まります。なんででしょう。
 それはさておき、夏が終わり、秋本番となりますが受験生のみなさん、充実した夏休みを過ごすことができましたか?夏の勉強の成果がでず、悩んでいる人も多いと思います。しかし、勉強ってそんな簡単なものでは
なく、時間をかけてもすぐに成果はでないものです。だから、今は、嫌にならずただただやるしかないのです。
 そこで、これからの季節、とても大切なものは勉強もですが、一番は体調管理です。体調を崩すと、何事も集中できず時間が経ってしまいます。無理はせず、休めるときはしっかり休むことも大切です。
 うがい手洗いは絶対絶対かかさず行いましょう。ずっと言われていることでしょうが、やはりこれが一番大切なことです。
 今の時期、目標も定まり、受験勉強でやるべきことが見えてきたと思います。体調を整え、日々最大限のことができるようにしましょう!頑張れ受験生!みんなには学習空間がついている!何も心配することはない!

 三島南教室、富士西教室の柏木でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間