富士

最後の追い込み!

 12月となり、高3生の受験生にとって追い込みの時期となりました。センター試験が近づき、焦ることもあると思います。
  でも、大切なのはペースを崩さずやり抜くことです。時間は誰にでも平等です。その残された時間を、「あと一か月しかない」と思うか「まだ一か月ある」と思えるかで心持は全然違うでしょうし、やることも変わってくると思います。入試直前になっても、あと何時間もある、あと何秒もある、と思えるかで心の余裕は変わってきます。それによって、試験のときの気持ちも変わると思います。
 なので、焦るよりも、気持ちに余裕をもって取り組む方がいい結果につながると思います。
 高3生にとってこのあと大切になるのは、生活リズムの見直しです。毎日夜遅くまで勉強していた人は、夜型から朝型にもどす必要があります。夜型のままでは、試験のときまだ脳が起きていません。脳は目が覚めてから2,3時間たってから働き始めます。ということは、朝6時くらいには起きて脳を起こす必要があります。だから、夜は早めに寝て、朝はしっかり早めに起きるというスタイルにする必要があるのです。
 リズムを作るのもすぐにはできません。センター試験を一か月先に控えた今くらいからリズムを変えていく必要があります。
 高3生のみんな、体調に気を付けて万全の状態で試験に臨もう!学種空間は、いつでもみんなの味方です。困ったときはいつでも頼ってください。
 
 三島南、富士西の柏木でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

★☆★沼津西教室★☆★

個別指導塾の学習空間、沼津西教室、家庭教師・1対1指導の学習空間プラス静岡東部エリアのモチヅキ★ヤスヒロです!

先日、友人が理不尽な理由で上司に叱られたという愚痴を聞いたのですが、自分の人生の中でも理不尽に叱られた経験があります。

中学時代のサッカー部の試合での出来事でした。その日僕は比較的好調だったのですが、他のメンバー達は普段しないようなミスを連発して監督から試合中叱責を受けていました。案の定、ハーフタイムにチームメイトたちは監督に「お前はここがダメだ!」という理由と共に鉄拳制裁を受けていました。

気が付けば自分以外全員鉄拳制裁を受け涙目で頬を抑えていました。次の瞬間、監督と目が合いましたが、その日の僕のほぼ完璧なパフォーマンスを考えれば「お前はヨシ!」となるはずでしたが、なんと監督は「ヤス、今日のお前は瞳が輝いていない!」というあり得ない理由で僕にも鉄拳制裁を食らわせました。ww

今、考えても理不尽極まりないです!www

さて話は変わりまして、今日は自分が担当している沼津西教室を紹介したいと思います。

まず僕のパートナーを紹介します。
僕のパートナーは、今年度入社の新人の露木麻絢先生です。

とっても素敵な先生で、明るくて前向きで周りのヒト達を笑顔にさせる才能を持っています。
「玉ねぎが食べられないダメな大人」という欠点もありますが、人間的に魅力的で生徒の心を惹きつけて生徒にとことん向き合う最高の先生です。

上司であるワタクシの言うことを全然きいてくれないアウトローですが、彼女は間違いなく学習空間のエースになります。さらにワタクシのいうことをきけば、学習塾業界のスターにも成り得る天才なので彼女の成長をなま温かく見守っていきたいと思います。


↑露木先生は自分のステッカーを教室内に貼ってチャッカリアピールしています。このあたりも抜け目がありません(笑)


↑またDCにも自分の写真を自ら貼り付けて猛アピールです!

次に教室のレイアウトを紹介したいと思います。
「子供達とって意心地の良い、かつ先生達にも意心地の良い」教室環境を目指しています。
あとは、「楽しさ」や「遊び心」も取り入れています。

僕と露木先生は「モノに囲まれていると安心する」という習性を持っています。
教室には僕と露木先生のお気に入りの「モノ」がところ狭しと並んでいます!自分的には「雑貨屋さんのような塾」を目指しています!ww


↑黒板、普段は掲示板みたいになっていますがいざとなったら授業もします!

まず僕たちが大好きな「モノ」は文房具です。特に露木先生は「あなた店員さんですか?」と思うくらい文房具に詳しくてよく文房具の機能を詳細に解説してくれます。基本的に「使う」というよりも「並べて眺める」のが好きです。


↑文房具コーナー1


↑文房具コーナー2

次に僕たちが大好きな「モノ」は参考書です。基本、本が好きなのですが職業柄、特に参考書には目がありません。これはさすがに「使う」のがメインですが「眺める」のも好きです。


↑中学生用本棚


↑露木先生お気に入りのディズニーの英語版の絵本コーナー


↑赤本コーナー


↑高校英数コーナー

そして、モンストグッズなども学習の邪魔にならないように控えめにディスプレイしています。実際指導中に自分達もかなり癒されていて指導のクオリティも高くなっています。


↑先生達のお気に入りコーナー

そして是非とも紹介したいのが、沼津西教室の大切な同居者であるお魚ちゃん達です。
子供達には生き物に直接触れることで生命の尊さを学んでもらいたいと思っています。
子供達もお魚ちゃん達のことをとても気にかけてくれてなかには飼育方法を教えてくれる子もいます。
いずれにせよ、お魚ちゃん達は沼津西教室の大事な仲間で講師、生徒ともに日々「癒し」をもらっています。


↑お魚ちゃん達

まだまだ紹介したいことがたくさんありますが今日はここまでにします。
近日中に第二弾も書きますので、乞うご期待を!

沼津西教室は、「世界一楽しくてモチベが上がる教室を創る。」「家庭、学校に次ぐ第三の場所を提供する。」ことを目指しています。

これを実現させるためには、講師の熱い想いやトコトン精神が必要だと思います。
そしていうまでもなく講師間の「絆」や「信頼関係」とがても大切だと思っています。

幸い、「玉ねぎが食べられないのと上司の言うことをきかない」こと以外最高の講師とパートナーになることができたので、きっと世界最高の教室になると確信しています!

必ず「生徒や親を感動させるヤバい塾!」にします!

皆さん、今後の沼津西教室にご期待ください!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

夏本番です!

 梅雨も明け、8月となり夏本番といったところでしょうか。
受験生にとっては、勝負の時。中3生、高3生のみなさん自分の将来の為に今やるべきことを今一度考え、それを実践しよう!
 夏は、受験生にとって、「夏を制する者は受験を制す」とよく言われます。それには様々な理由があると思います。学校が休みで授業が進まないからこそ、過去の苦手分野を克服するために時間を費やせる。1日自分の計画を立てたとおり勉強に時間を使える。夏の暑くて苦しい時期に頑張ることでが鍛えられる。周りの子達が遊びに行ったり好きに過ごす中、自分は我慢して勉強に専念することで自信が持てるようになる。などなど。
 理由はそれぞれですが、夏を有効に使える人ほど実力のアップ、人間的な成長ができるのは間違いないと思います。
 熱い夏にするか、だらけて過ごしてしまうかは自分次第。もう一度目標、計画を見直して充実した夏を過ごそう!まだまだこれから。
 頑張れ受験生!僕たち学習空間の講師は、誰よりも熱い気持ちをもって、みんなの目標実現のため協力します!

 三島南、富士西の柏木でした!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

A glorious future is waiting for us!!!

個別指導塾の学習空間、沼津西教室、学習空間プラスの望月です!

夕暮れ近い快晴の空の下を心地よい風が流れていく季節になりました。平成が終わり、令和が始まって1ヵ月が経ちました。

平成最後の年は最愛の母親が闘病生活に入り僕にとって試練の年になりました。

あんなに元気で常に前向きな母親が弱々しい姿になって私のこともあまりわからなくなってしまいました。

それでも自分のことを差し置いて家族のことを常に心配している母親の愛には涙がでます。

そして、2018年4月には、静岡東部エリアが分社化・独立し、「株式会社・SN静岡」を立ち上げました。僕にとっては初めての経営者の経験です。

チャンスをくれたSNグループの小澤社長、私についてきてくれた静岡東部エリアの講師の方々、そのほかの僕を支えてくれた同志たちにはいくら感謝しても感謝し切れません。

しかし、初めての会社経営はそんなに甘いものではありませんでした。

山積の問題の解決や経営活動の維持、、、、、

神経をすり減らす毎日で次第に精神が疲弊していき、その上、自分の力不足をまざまざと痛感させられました。

経営問題と母親の闘病が重なり、先の事を考える余裕がまったくなく、これ以上失わないこと、止まってしまわないこと、目の前の明日を乗り越えていくこと、それだけで精一杯でした。

平成最後の年はそんな年でした。

なので今窓の外を平成がようやく去っていくのを見てほっとしています。

そういう時もあります!

なんとか乗り切ったぞ!

令和はきっと良い時代になるはずです。

そりゃそうでしょ。そう信じています。

来年はSN静岡を新しいレベルに引き上げていかなければいけません。

最高の講師達が揃っています!

最高の新人達も入ってきました!

「ヤバい塾」になる匂いがプンプンします。

学習空間があって本当に良かった!

静岡東部で本当に良かった!

令和の学習空間・静岡東部エリアをご期待下さい!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

 

新学年が始まって2か月がたちました

 新学年が始まり、二か月がたとうとしています。新しい環境や友達関係、勉強や部活など慣れ始めてきたころだと思います。中学生や高校生は中間テストが終わった頃でしょうか。うまくいった科目もあればうまくいかなかった科目もあると思います。範囲がひろすぎて、すべての範囲が終わらずにテストに臨んでしまった、なんてことはないでしょうか?
 テスト範囲がでてから勉強を始めるのでは間に合いません。また、提出物におわれ、テスト勉強ができていないというのもいけませんよね?提出できる状態にするために機械的に答えを写すだけだなんて絶対だめですようね?
 解き直しをして、しっかりと理解して自分で解けるようになることが理想です。そのためには、提出物をためずに、普段からしっかりとやっていくこと、こつこつとやることが非常に大切です。そうすれば、テスト期間はわからないところだけ勉強して、実力がつくということにつながると思います。
 そうはいってもなかなかやる時間がない、という人もいると思います。だから、まったくやらない日をつくらず、日々少しずつでいいので勉強をするということが大切なのです。
 約一か月後にまたテストがあるので、その時はちょっと自分に厳しく、日々の勉強方法を変えてやってみませんか?やり方やペース、問題がわからないのであればいつでも力になります!
 僕たちは、頑張る子、頑張ろうとする子にはおしまず協力するし、できるまでわかるまで寄り添って指導します。だから、みんなもいつでも気軽に学習空間に来てください!待ってますよ!

 三島南、富士西の柏木でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

計器を振り切って、、、

個別指導塾の学習空間、沼津西教室、学習空間プラスの望月です!

先日、日本の航空自衛隊の戦闘機F35Aが墜落するという事故が起きました。
パイロットの安否はまだ不明とのことですが、一刻も早い救助及び事故原因の解明が望まれます。

特に軍事マニアというほどではありませんが、戦闘機や戦艦は子供のころから興味がありました。なんとなくネットでF35Aという戦闘機のことを調べているとコックピットの画像にたどり着きました。

ここでふと思い出しました。

ワタクシ、子供の頃から「けいき」が並んでいるのをみるとワクワクしてしまうのです。
念のため言っておきますが、食べる「ケーキ」でもなければ、「景気」でもなければ「刑期」でもありません。

「計器」です。

Google先生に聞いてみると「計器というのはモノの長さや角度、重さ、温度、電流電圧、色温度や糖度などを測定して数値化する機械」とのことです。

こんな感じです↓↓

どうですか?ワクワクしませんか?笑

個人的には「“銀河鉄道999”の作者、松本零士の描く“計器”は最高だな!」
と思います!

ま、おそらく皆さん、「はっ????」という感じだと思いますが、、、、笑

気を取り直して、、、、

さてさて「ワクワク」といえば、4月21日(日)は学習空間が所属するスタディーネットワークグループ社員全員が一堂に会する「全体研修会」が開催されます。

全国各地で奮闘している普段なかなか会えない仲間たちと会える絶好のチャンスです!
そりゃもう、今から楽しみでワクワクです!

自分の車の「計器」を見てワクワクしながら会場に向かい、会場で皆に会ってまたワクワクしたいと思います!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

印象的だった言葉

 4月ももう半分が過ぎようとしています。
新学年、新生活が始まり、慣れない環境や初めての体験などが多く精神的にも体力的にも疲れているのではないでしょうか?
 でも、それも一か月もたてば慣れてきて当たり前になると思います。辛さは長くは続きません。今が頑張りどころです。体調に気を付けてベストを尽くしていきましょう!
 さて、今回は僕がある方の話を聞いて、印象的だったことを話そうと思います。
 結論から述べると、

「やりたいことは偶然。できることは必然」

であるということです。どういうことかというと、やりたいことというのは、生きている時代や環境、そして、与えられる情報によって生まれます。
例えば、日本に生きる人とアメリカに生きる人において環境や情報、仕事や学ぶことなどは異なり、そこで自分がやりたいことというのは生まれます。
なので、その国に生まれたことは偶然であり、やりたいことというものが偶然生まれます。
 一方、できることというのは、自らが処理できることであり、それは自分がどの国にいても、もともと能力はかわらないので、できることは変わりません。なのでできることは必然なのです。
 ここででてくる選択が、やりたいことやりたくないことに重きをおくか、できることできないことに重きをおくかということだと思います。
 やりたいけどできない、やりたくないけどできる。など。
これから先、様々な場面で選択をするときがくると思います。しかし、これには正解はないと思います。どんな選択をしたとしてもそれについて自分が全力をつくし、後悔のないようにできるかだと思います。

 新学年、新入学をして、環境が変わるなかで、精一杯の努力をして後悔のないよう過ごしてもらえたらと思います。
 長くなってしまいましたが、僕が最近印象的だった話です。もっとうまく伝えられたらと思いますが・・・。。

 三島南、富士西の柏木でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

Congratulations for passing your exam! Well done!

個別指導塾の学習空間、沼津西教室、学習空間プラスのモチヅキ★ヤスヒロです!

先日、静岡県公立高校入試の合格発表がありました。

私は、しばらく教室指導を離れていたので久しぶりの受験生指導でした。

前任の先生を引き継ぐ形で11月の後半から沼津西教室の指導に入ったので、公立高校の受験生の指導はたった3か月程度でした。

初めて彼らの指導をしたとき、真面目に危機感を持って猛勉強をしている子がいる一方、正直全く危機感のない子もいました。

受験前に先生交代があった後ろめたさから最初は私も好感度重視の指導(笑)をしていました。

しかし合格からいささか距離がある成績を目の当たりにして、いよいよマズイと思い次第に強くはっぱをかけていき、時には大量の課題を課すこともありました。

それでも、ブツブツ言いつつも私の言うことを忠実にやってくれて(学習空間あるある生徒です。私から言わせるとどうせやるんだから黙ってやれば!という感じですが、、、、笑)残り1ヵ月くらいの時にはやっと一人前の受験生になり、戦闘モードに突入していきました!

受験直前になるといつもへらへらして私に叱られる生徒も不安で表情が硬くなってきました。相変わらずマイペースなツワモノもいましたが、、、。

受験まで最後の指導の時、私は「キットカット」と「ホッカイロ」と「学習空間消しゴム」を彼らに贈り、合格を祈りました!

そして、運命の合格発表の日がやってきました。

私はその日、家庭教師の指導だったので、直接生徒からの吉報を聞くことができませんでしたが、相方講師の松本先生から「全員合格」の知らせを聞いた時は本当に安堵と嬉しさと共に緊張感から解放されました。

「よくやった!おめでとう!」
と全員にトレぺ1年分をご褒美にあげたいです!笑(トレぺというのは塾で使うプリント教材のことです。)

受験勉強の時、辛くて苦しくて、もう諦めようとか、くじけそうになったことが何度もあったかと思います。

今だから言えますが、それを見ていた私たち講師も本当に辛かったです。

でも皆が受験に失敗して落ち込む姿を見るのはもっと辛いので妥協はしませんでした。

それでもついてきてくれた皆は本当にすごいです!

色々ありましたが、皆と出会えて、皆の成長と合格を見届けられて本当に幸せです。

生徒の皆さんは、これで人生が終わったわけでなくこれからです。

今回の受験は成功体験として心に刻み次のステージへ羽ばたいて下さい。

そして自分の夢や目標に向かってまた走り出してください。

皆のこれからの人生、もしかしたら嫌な事や挫折することがあるかもしれないけど決して挫けず、最後にはしっかり夢を掴んで幸せになってくださいね。

きっと、みんなならできるはず!

↓↓合格を祝う唄

静岡の塾なら個別指導の学習空間

静岡東部エリア・合同面接練習会!

個別指導塾の学習空間、沼津西教室のモチヅキです!

1月20日(日)に静岡東部エリアでは、高校受験生を対象に「静岡東部エリア合同面接練習会」を開催いたしました。
公立高校でも私立高校でも面接試験の重要性が高まってきています。
この機会に面接の雰囲気を実感し、十分な体制で本番の試験に臨んでもらえるよう企画いたしました。

当日は多くの生徒が参加してくれました。
本番さながらの面接を実施したので生徒の皆さんも緊張した面持ちでスタートしました。

1人あたり合計3回の模擬面接を行います。
模擬面接が終了するごとに、面接採点官の講師から採点表をもとにアドバイスをもらいます。
その後、私が個々に面接全般の総括と次回の模擬面接への課題を生徒達に伝えます。

その後は控室に戻り今度は控室にいる講師からも指導をしてもらいます。
かなり手厚い指導になりますね。
講師達も生徒の皆さんに少しでも上達してもらおうと全力指導です!

↓↓↓最初は緊張した面持ちでした!

学校でも面接対策をしていたせいか1回目からかなり完成度の高い生徒も見受けられました。
先ほどご説明したとおり、模擬面接の後の指導はかなり手厚い上、生徒達の真剣度も非常に高かったので皆、面接を行うごとにどんどん上手になっていきました。
全員、しっかりと課題を次の面接のときに克服していてくれました。

この面接練習会で私が生徒の皆さんに伝えたかったのは、「面接では、何を話すのかではなく、どう伝えるのか」が一番大事だということです。

志望動機や自己PRを暗記して棒読みしても意味がありません。自分の言葉で心を込めて相手に自分の考えやどうしてもこの学校に入りたいという気持ちを伝えるのです。グダグダでもいいんです!熱い気持ちはうまいを超えます。これは断言できます!

最後の3回目の面接では生徒の皆さんの熱い想いを受け取ることができました。

今後、生徒の皆さんは受験だけではなく人生の分岐点で重要な面接の場面に出くわすと思います。
その時は今日のことを思い出して自信をもって面接に臨んでもらいたいです。

今回の面接練習会が少しでもお役にたてれば講師一同とても嬉しいです!

生徒の皆さん、講師の皆さん、お疲れ様でした!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

受験生へ

 高3生のみなさん、センター試験お疲れさまでした。
受験の一つの関門であるセンター試験。結果はまだこれからですが、満足いく結果を出せた人もそうでない人もまだ終わりではありません!
まだまだ受験は続きます。気を抜かず、次の入試に向けて万全の準備をしていきましょう。
 結果をもとに受験する大学を決めていくわけですが、自分が今何をすべきかしっかり考え、ペースを崩さないようにしていこう。
 国公立大学を目指す人は、センター試験と違い、受験科目がほぼしぼられると思います。必要な科目で合格点をとるため、どんな問題を解いていくか、
どの科目にどれだけの時間を使うか、どのように勉強していけばよいかなど綿密な計画をたて、実践していくことが大切です。
 私立大学を目指している人は、今までやっていたことと同様、必要な科目に特化した勉強法、また、過去問の実施をしていくようにしましょう。

 受験は、まだまだこれからです。あきらめず、そして、自分の夢実現のため、最後まで頑張りぬこう!!
 もし、進路に困ったら学習空間が全力でバックアップします!僕たちは、いつでもみなさんの最大の協力者でありたいと思っています!
だから、安心してください。そして、いつでも相談してください。
 受験本番!頑張れ受験生!!

SN静岡の三島南、富士西柏木でした!

静岡の塾なら個別指導の学習空間