長泉町

日射病って知ってる?

個別指導塾の学習空間、三島南&長泉教室の齋藤です。

夏期講習も終わりが近づいてきました。
夏期講習が終わるということは、夏休みの終わりも近いということです。
学力調査までは残すところ、あと2週間。
中学3年生で三島の祭りに学年の数だけ行ったという子はどのくらいいるのかな。

8月も後半ですが、まだまだ毎日暑い。
猛暑という言葉を自分の耳は拒否しています。

思えば僕が小中学生だった頃は、熱中症なんて言葉は聞きませんでした。
日射病に気を付けて外出する時は帽子を被りましょう程度の話でした。
今は日射病なんて言葉を聞きませんね。
一時期は猛暑を通り過ぎ、酷暑という言葉も流行っていたような。

冬の寒さも、夏の暑さも命に関わってくるので、やはり春か秋が一番ですね。
みなさん、体調管理は気をつけて、水分や塩分の補給をこまめにとりましょう。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

期末テスト

個別指導塾の学習空間、長泉・沼津東教室の小笠原です

あっという間に6月中旬になり、中学生は期末テスト直前になりました!
特に中学3年生にとっては、1学期(前期)の内申に関係する大切なテストです。
そして今回は技術・家庭、保体、美術の技能科目もあって大変なので、本番で1点でも多く取れるように、残り数日頑張りましょう!
※高校生も6月下旬、あるいは7月上旬に期末テストがあるので、そろそろコツコツと準備していきましょう!

静岡東:静岡の塾なら個別指導の学習空間

修学旅行シーズンの終わり

個別指導塾の学習空間、三島南&長泉教室の齋藤です。

6月に入ったので、ほとんどの中学では修学旅行が終わった頃ではないでしょうか。

塾講師としての仕事柄、やはり気になるのは修学旅行周辺の定期テストはいつになるのかということですが、
三島市では定期テスト終了後、何週間か後に修学旅行という学校が多かったです。

それに対し長泉では、テスト範囲が配られた後の修学旅行がほとんどだったので、
かわいそうだと思いましたが、僕も中学の時はそのパターンだったんですよね・・・。

GWをテスト勉強に追われるのと、修学旅行から帰ってすぐにテストがあるのとではどちらがいいのでしょう。
大人になった今なら前者を選びますが、自分がまだ学生だったら後者を選ぶかなぁ。

スケジュールに文句を言っても仕方ないと思いますが、
やはり普段から少しでも机に向かう習慣がついているのが理想的だと考えさせられました。

次の定期試験では修学旅行に関する問題が出題されるかもしれません。
特に歴史なんかは要注意ですね。平城京や平安京、室町時代は狙われるかもしれませんよ。
あとは英語で修学旅行の思い出を英作するとか・・・。
以上、齋藤でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

中間テスト

個別指導塾の学習空間、長泉・沼津東教室の小笠原です

長かったGWもあっという間に終わり、気が付けば5月の中旬になりました。
中学・高校生のみなさんは中間テストが5月の下旬にあります!まだ学校のワークをもらっていなかったり、授業がほとんど進んでいなかったり、あるいは自然教室や修学旅行があり、思うように勉強に専念できないかもしれませんが、新学年が始まって最初のテストなので、できる限りの準備をしてテストに臨みましょう!
【重要】(テスト日程)
清水中⇒15日、大岡中⇒17日、市立沼津⇒20日、長泉中⇒23日、長泉北中⇒24日、裾野東中⇒30日

静岡の塾なら個別指導の学習空間

さらば、平成

個別指導塾の学習空間、三島南&長泉教室の齋藤です。

いよいよ平成が終わろうとしていますが、
元号が代わるその時に居合わせるのは人生の中でも貴重なタイミングかもしれません。
昭和から平成に代わる時は僕はまだ小さかったのでまったく記憶がありません。

令和という新元号もまだ実感がわきませんが、
きっと昭和から平成にかわるときもそうだったのだと思います。

さて令和元年になると天皇誕生日はいつかというと2/23です。
別に祝日がいつになるのか調べているわけではありません。
学校の年間予定表にそう書いてあっただけです。

静岡県の学校では2/23は富士山の日で休みの自治体が多いです。
学校がある自治体もあるみたいですが、その子たちは良かったですね。
三島に住んでいる皆さんは何も変わりません
ただ2/23は日曜なので24日が振替休日になっていました。
三島の生徒の皆さん、良かったですね。

以上、齋藤から平成最後のブログでした。
静岡の塾なら個別指導の学習空間

高校継続

こんばんは♪個別指導塾の学習空間、三島北教室の髙村です!

公立受験まであと2週間と迫っているのですが、毎年この時期に生徒と話していて嬉しく感じるのが、高校継続の話です。

去年も今年も、私立と公立の両生徒が三島北教室を高校でも続けるかもという話をしてくれているのですが、
そもそも私立受験の合格発表も終わり、私立の生徒は勉強OFFモードになっていてもおかしくない時期なのに、まず塾にきちんと来てくれることが嬉しいですし、みんな本当に偉いなあと思っています。

もちろん使命感や親に怒られるから、、という理由が強いとは思いますが、勉強なんてしたくなくても、それでも塾には行こうと思えるような環境を提供してあげれていたらいいなーと考えさせられてます。

公立の生徒も同じで、今のこの勉強三昧の毎日から一刻も早く解放されたいはずなのに、高校でも塾を続けたいと話してもらえるのは、ものすごいメンタルだなと尊敬しますし、毎年すごく嬉しいです。
塾のことを、勉強させられるだけのただ苦痛な空間にはしたくないと日頃思っているので、少しでも実現できていたらいいですね、、♪

将来の夢のため、とか、大学で上位を取りたいから、とかきっと色々理由はありますが、この塾にまたあと3年通ってもいいかなと思ってもらえてるというのは、本当に今まで一緒に勉強してきてよかったなあと感じています。

…でもまずは目先の合格ですね!
あと2週間、いい意味でも悪い意味でもあっという間です。ラストスパート乗り切っていきましょう♪

11月30日(金)は第2回学力調査(中学3年)があります!

個別指導塾の学習空間、長泉・沼津東教室の小笠原です

11月15・16日に期末テストがある中学生のみなさん、何とかテスト2日目も1点でも多く取れるように最後まで頑張ってきてください!
『テストが終わったら少し休んでもいいですよ』と言いたいところですが、中3の生徒のみなさん、11月30日(金)には第2回学力調査があります・・・
このテストも志望校を決めるうえでとても大切なテストになります!12月の3者面談で伝えられる内申点と9月、12月の2回の学調の結果を参考に今後どこを受験すべきなのか、私立と公立を併願できるのか、それとも私立単願で受験するのかが決まります。30日の学調で点数が取れるのかどうかという未来は誰にもわかりません。でも、自分の思い描いている未来をつかみ取るチャンスはまだあります!残りわずかしか時間的に猶予はありませんが、自分の将来のために、ここはもう少し頑張ってみませんか?

静岡の塾なら個別指導の学習空間

振り返って考える

個別指導の学習空間、長泉、沼津西教室の松木です!
10月に入ってから一気に寒くなってきましたね!朝外に出ると朝露をみることができる季節になってきました。
このブログを書いている時もちょうど朝なのですが、朝のひんやりとした空気が心地よく感じられますね。
そろそろ秋も終えて冬に入っていると感じます。
受験における時期としては各中学2学期中間テストを終えてといったところでしょうか。
三年生にとってはこの時期の内申点を左右する重要なテストであり、1,2年生にとってはテスト内容が一段と難しく厳しかったテストでもありましたね。
中々結果の芳しくなかった人はしっかり反省して行きたい所です。

反省の内容で具体的な話としてはどこが出来ていて、どこができていないかを判別し、出来ていなかったところをしっかり意識すること。
その改善するための行動をしっかり先生と一緒に前向きに見つめていくこと
この2点が大事だと思います。

日頃の勉強でもそうですが、そういった自分の意識と実際の状況が異なる場合というのは生活の上でもよくあるケースかと思います。
自分ではできているとおもっていても得てして実際はできていないことは多々あります。

そして自分目線での出来てる出来ていない、他人目線での出来ている出来ていないという把握のの違いは
論理的に冷静に話のできる、信頼している人に指摘してもらうことが一番簡単です。

テストが終わってほっとしている人も多い時期ではあると思いますが今一度振り返って反省する時期なのかもしれませんね。
静岡の塾なら個別指導の学習空間

Half empty or half full

個別指導塾の学習空間、長泉・沼津東教室の小笠原です

あっという間に季節は過ぎ、気が付くともう10月ですね。
高3生のみなさん、センター試験まであと105日になりました。
『まだあと105日ある』
『もう105日しかない』
いろいろな考え方があると思いますが、残された時間を有効に使っていきましょう!
“The glass is half empty.”
“The glass is half full.”
英語でも上記のような表現があります。『コップには半分しか入っていない。』、『コップにはまだ半分残っている。』
センター試験までまだあと105日あります!出来る限りのサポートをしていくので、前向きに頑張っていきましょう!
“Your glass is half full, so keep your head up!”

静岡の塾なら個別指導の学習空間

○○の秋という言葉について

個別指導塾、学習空間長泉沼津西教室の松木です。

朝から少雨ののち晴れ曇り雨をたびたび繰り返す不安定な天気が続いていますね。

季節と言えば夏から秋になりつつあり、日が落ちるのが段々早くなっているのを教室で指導していて日々感じております。

そんなこんなで今週はお休みの時間も家にこもる時間が多かったのではないでしょうか。

最近は家で本を読みふけることが自分は多いです。

読書の秋という言葉もありますしね。この時期、よく見かける謳い文句です

ただその表現もはなかなかに安直なイメージがあるなと先日ふと考えていました。

自分は休日にその日その日でやりたいことをぽつぽつやるという形で季節にこだわりはない事の方が多いです。

ただ周りを見渡すとこういった「秋に優先して行いたい事」というのはたくさんあるように感じます。

食欲の秋、紅葉の秋、読書の秋というように例に出すとぽんぽんでてきますね。

しかし秋のみがそこまで季節として特別なのかといわれると疑問だなと思います。

食欲の秋と思う人なら季節に関わらず一年中食道楽を楽しめるはずですし、また紅葉の秋も田舎の一部の景色でしか感じる事はありません。

それに景色に注目するのが好きなら一年中どこでも楽しめるはずです。静岡なら富士山も楽しめますしね。

読書の秋というならそれこそ本は一年中季節を問わず楽しめるものだと思います。本屋の売上を上げる謳い文句なんでしょうかね。

こうは書いていますが、自分のように季節を気にしない人の方が小数派なのだとは理解しています。

人は年を取ると季節を感じなくなるといいます。年々季節感が弱まっていくそうです。自分も体感的にそう感じます。

こういった事を考えるのも自分が年食ったからなのか、周り(教室の生徒たち)が若々しいからなのかどちらなんでしょうかね。

○○の秋…不思議な言葉だなぁと週末深夜の教室で一瞬考えた自分がおりました。

話もかわりまして先日中学3年生にとっての重大イベント学力調査テストが終了しました。

夏休みまでの復習の成果を出せた生徒、出し切れなかった生徒もいると思います。

本番のプレッシャーに負けずに出来たのか。

時間を意識して問題を解くことができたのか。

落ち着いて取るべき問題の取捨選択ができたのか

こういった所を具体的に見直して行きましょう。

各々反省して次に活かしていきたいですね。

この時期は「勉強の秋」なんだからいつもよりちょっとがんばらなければいけない。

そう前向きに季節感を持つことがこの時期は
受験を控えている生徒も
塾講師である自分も 大事なのかもしれませんね。

静岡の塾なら個別指導の学習空間