長泉町

でも木はそれでうれしかった

個別指導塾の学習空間、長泉教室の望月です★

大学時代、ゼミの教授からシルヴァスタイン作の
「大きな木」という絵本を紹介されました。

普段は難解な法律論を唱えている教授だったので、
「ん?絵本?」
と最初は訝しがりましたが、読んでみると、その作品は
その後の私の人生に大きな影響を与えるほど素晴らしい作品でした。

その内容は、シンプルですがとても奥が深いです。

1本のりんごの木がある。その木はある子どもと大の仲良しだった。
子どもはりんごの木で木登りをしたり、枝にぶらさがったり、りんごを食べたり…
子どももそのりんごの木が大好きで、木も子どもが大好きだった。

 しかし、子どもは成長する。それに伴って考え方も子どもの頃とは違ってくる。
「お金が欲しい」…成長した子どもが言うと、木は自分になっているりんごをもいで、
売ってお金にすればいい、と教える。
それならば、と青年になっていたかつての子どもはりんごをすべてもぎとって行ってしまう。
でも木はうれしかった。

 さらに成長し、すっかり大人になったその子は今度は
「結婚したい、子どもが欲しい、だから家が欲しい」と言う。
そこで木は自分の枝を切って、それで家を建てればいい」と言う。
壮年になった男はその言葉どおり、枝をすべて切り取って、持っていってしまう。
でも木はうれしかった。

 そしてさらに年をとったかつての子どもは「遠くへ行きたいから船をくれ」と言い出す。
木は自分の木の幹を切り倒し、それで船を造れば」と言う。
年取った男はそのとおりに木の幹を切り倒し、船を造って行ってしまう。
でも木はうれしかった。

 そしてさらに長い年月が過ぎ、もうすっかり老人になったかつての子どもが、
また木のもとに帰ってきた。が、もう何もあげられるものが残っていない木は、
自分にはもうなにもないことを告げる。
しかし、老人は「もう、たいして欲しいものはない。
ただ、座って休む場所があれば」と言う。
それなら、と木は精一杯に背筋を伸ばし、
残った自分である切り株に座ってやすみなさい、と言う。
老人はそれに従って座る。
木はそれでうれしかった。

というあらすじです。

考えてみれば、子どもの頃から成長するにつれて、
男は自分勝手で、自分の欲求を満たすために
りんごの木から順番に欲しいものを持っていってしまいます。
しかし木は、一向に自分が「犠牲」になったとは思いません。

まさに「無償の愛」です。
自分の身を少しずつ削られ、
それでも喜びを感じているのです。

言うなれば「受ける喜びより与える喜び」
ということなのではないでしょうか。

「木は それで うれしかった」…と、、、。
この言葉の繰り返しが何とも心に深く残ります。

先日、この絵本を数年ぶりに読み返しましたが
読むたびに新たな発見があります。

あのとき教授がなぜこの絵本を紹介したのか
少し理解しかけてきました。

最近知ったのですが、
村上春樹氏が新訳を出しているそうです。
彼の翻訳も是非読んでみたいと思います。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

実りの過程

個別指導塾の学習空間、長泉教室のモチヅキです!

気がつけば、スーパーの果物コーナーには柿や栗が並び、
陳列棚が、秋色に染まってきました。

ふと、考えてみると、その色や形、味や香り、
どんな木にどんな風に実っているか、
くらいは知っていますが、実を結ぶまでの姿や花の形、
細かな成長の過程などは詳しく知りません。

種子や苗から実りまでの過程、、、。
姿をかえていくありさまとその仕組み、、、。

そこにはまさに自然の神秘や不思議さがあり、
小さな生命の大きな存在があります。

果物が実になるには時間をかけて、
手間をかけて人が世話をします。
しかし、それだけではなく、
蝶や蜂が花を訪れて受粉を手伝うといったことや、
太陽の光、雨、土やミミズ、
さらには風だって大切な役割を果たしています。

目に見える形としての「実」を実りに至るまでの過程を含めて
見つめ直すことで自然界の様々な存在の繋がりが見えてきます。

そして、結果(実)だけに目を留めず、
プロセス(過程)に目を向けることの重要性にも気づくことができます。

たとえ、同じ時期に芽を出したとしても、
芽を出した場所によって、光の当たり具合、
風の通り具合、気温の様子も違ってきます。
様々な条件がそれぞれの成長を決定するのです。

「生きることは”変化”すること。」

個々の”変化”は、それぞれをとりまく環境によってもたらされます。
なんとなく同じように見えても、全く同じものなんてありえません。
だから”ひとつひとつ”に真剣に向き合って”変化”を見守り、
育てていかなければならないのです。

そして、育てるための近道などはなく
我慢し、待ち、よく観察し、工夫し、
手間、暇をかけて愛情を注ぐ必要があります。

思うに、これは私達人間にもあてはまることではないでしょうか。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

言霊

個別指導塾の学習空間、長泉教室のモチ★ヅキです!

言霊(ことだま)とは
古来より日本で、言葉に宿るといわれる力、、、。

そして、森羅万象をもつかさどるその力は、
この国のひとびとに幸せをもたらしてきた、
と伝えられています。

言葉にはまるで母親のように、
温かく包みこんでくれるような優しさや

太陽のように
力強く生きていく勇気や希望を与えてくれる、、、。

そんな力があります。

ひとは弱い生き物です。
一人では生きていけません。

大きな困難や苦しみに直面した時、
心に余裕がなくなり、自分を見失ってしまいます。
そして、悪いことばかりに目が向いてしまい、
どうにもならない絶望を感じてしまうこともあります。

そして、現実はいつも私達に厳しく、
いくら希望を抱いて頑張ろうとしても、
いとも簡単に押しつぶされてしまうことがあります。

ひとは未来に対して「希望」を感じ取ることができなければ、
絶望し、生きるための道標を見失ってしまいます。

そんな時、「希望の言葉」は、困難に立ち向かい、
そして乗り越えていくための自信や力を与えてくれ、
その結果、ひとは、明日の未来を信じ、
新たな希望を見出すことができます。

また、言葉には、不安や迷いがある時、
背中を押してくれる力があります。

何気ないひと言が、
とてつもなく大きな力になることもあります。

私は、「言霊」を信じます。

そして、時には誰かの言葉に助けられ、
時には自分の言葉で誰かに勇気を与えられたら、、、。

宮澤賢治風に云えば、

サウイフモノニ
ワタシハナリタイ。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

普段の指導で…

個別指導塾の学習空間、長泉&沼津西教室の眞田です!

こんにちは!お久しぶりです(^^v
今回は主に高校生(受験生)について書きたいと思います。

いつも指導している中で会話したりすると、前向きだったような子が最近になってからの会話では
このままで大丈夫だろうか…とか成績が…とかいろいろな面で心配しているようです…。
それに対し、自分はその子のがんばりも見ているので、この夏がんばって乗り越えてきたんだから
大丈夫にきまってんじゃん!!など励ましていたりします。
実際いよいよセンターまで約あと3カ月というところまでせまってきましたので、焦る気持ちは凄く分かります。
しかし、先生もただ大丈夫と言っているわけではありません。

勉強というのはやればやるほど心配になるものなのです。むしろ逆に生徒自身が「心配」にならないと先生側が不安でしょうがないのです…。
勉強する→それについて理解できていないことが分かる→そこが分かる→また違う単元について理解できていないことが…(ry
やればやるほど分からないことや覚えなきゃいけないことが明確になってくるので、それは心配になって当たり前なのです。
(これも生徒には伝えています)

つまり勉強しなければ何が分からないかも、どれだけ覚えなきゃいけないかも分からないので心配になりようがないのです!
だから、あとは時間との勝負になりますが、残りの期間で教科ごと確実に覚えるべきとこに的をしぼって勉強していけるように
がんばりましょう!!

静岡の塾なら個別指導の学習空間

秋日訪寺

個別指導塾の学習空間、長泉教室のモチヅキ★ヤスヒロです!

近所のお寺を散策していると、
お堂の近くに薄紫色の小さなコスモスが咲いているのを見ました。

帰りの花屋の店先ではガーベラのオレンジ色や
木の実の朱い色が光彩を放っていました。

秋が来た、と目にははっきりと見えないけれど、
街並みの色や匂いや吹く風の音で、
もう秋なのだと、はっと気づかされました。

名月や 池をめぐりて 夜もすがら
              
「空には名月があり、池にも月影がうつっている。
その美しさに心を奪われて、
池の周りを歩きながら眺めているうちに、
つい一夜を過ごしてしまった。」
季語:名月(秋)

という松尾芭蕉の俳句がありますが、秋の夜月は素敵ですね。
冷たい空気の中で冴え冴えと夜に映える姿には、肌寒さも忘れて、
しばしうっとりと眺め入ってしまいます。

今この月を、誰か眺めているのだろうか。
あの人も同じ夜空を仰いでいるのだろうか。
そんなことを自然と考えてしまいます。

秋夜の冷たい月の光は、浪漫や優しさを与えてくれます。

では、ここで私も一句詠ませてもらいます。

月今宵 子らを想いて 夜が更ける (子=生徒)

お粗末様でした。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

夏!

個別指導塾の学習空間、長泉&沼津西教室の眞田です!

こんにちは!
夏休みに入りいろいろイベントがありましたね。
なかでも甲子園は毎年個人的にアツいものがあります!!

地方大会含め一回でも負けたら終わり、という思いから県の代表に選ばれそして甲子園に…
選手たちを見てもみんな楽しそうにプレーしていて凄いと思います!
試合に負けて泣く選手もいますが、本気でがんばっていたからこそ出てしまう涙だと思います。
悔いなく戦いぬいて欲しいですね!!!!

20日はいよいよ準々決勝。
これからもっと盛り上がりますね(^^♪

お盆休みも終わり夏期講習も残すところあと3日となりました。
8月25日に模試
そして受験生は9月に学調があります。

残りわずかな夏休みとなりましたが、みんな後悔しないようにがんばりましょう!
決して自分との戦いに負けないように!!

ではではノシ

静岡の塾なら個別指導の学習空間

俺たちの夏は終わらない!

個別指導塾の学習空間、長泉教室のモチヅキです!

昨日、静岡エリアの先生達と

「俺達の夏はまだまだこれから!ひとまずみんな、これまでおつかれさん!
休み明けからまた突っ走ろうぜ!」

ということで、指導終了後に「納涼会」を行いました。
そして、疲れている中、神奈川エリアの先生達も
遠路はるばるやってきて参加してくれました。
静岡エリアと神奈川エリアは「仲良しエリア」です。

先日のアライ先生のブログにもありましたが、
今、先生達は皆、ぎりぎりいっぱいで頑張ってくれています。
それは生徒のみんなに何とか「最高の夏」を送ってもらいたい!!!
と思っているからなんです。

生徒のみんなも勉強が苦しい時があると思いますが、
一緒に乗り切っていきましょうね!
君達の笑顔が先生達にとって最高の癒しなので、、、。

「納涼会」では先生達といろんな話をしました。

生徒のこと。
カリキュラムのこと。
そして、これからの学習空間のこと。

みんなホントにこの仕事が好きで、
生徒のことを真剣に考えているんだな、
と思いました。

静岡エリア、神奈川エリアの先生達から
たくさんのエネルギーと刺激をもらいました。

これから、この仲間達と、
自分達にしかできない指導をして「ヤバい塾」
を作っていきたいと思います。

この仲間達とならきっとできます。

そんな気がします。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

日常の奇跡

個別指導塾の学習空間、長泉教室のモチヅキです!

教室指導をしていていつも思う事は、

その日一緒の空間を生徒達と共有できる奇跡。
幾筋かの人生がたまたま交わり、一緒に目標に向かっている奇跡。

ぶつかって、心の叫びを吐き出したとたん心の壁が消えてなくなってしまう
対話が生み出す魔法。

昨日まで不可能だったことが可能になる奇跡。
さらにこれからもっと大きなことができそうな予感を抱く喜び。

それらの奇跡や希望を生徒達と共有できる事。
それがその後の生徒や自分の人生を照らしてくれる事。

なんとなくそんな事です。

だから私は1日1日を大事に生きていこうと思います。
だって、奇跡の連続ですからね。

そう思うと日常もエキサイティングなものに見えてきます。

さて、7月ももう終わりです。いよいよ夏本番です。
今年の夏はどんな夏になるんでしょうかねー。

きっと素晴らしい日々がやってくるんだろう。

そんな気がします。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

レッテル

個別指導塾の学習空間、長泉教室のモチヅキです!

先日、インターネットで教育関係の記事を見ていたら、こんな話を見つけました。

『小学校で5年生の担任をしていた教師の話です。
その先生は、小学校5年生の担任になった時、
自分のクラスの中に一人、どうしても好きになれない少年がいました。

服装が不潔でだらしなく、好きになれなかったのです。
先生は、中間記録に、少年の悪いところばかりを記入するようになっていました。
ところが、ある時、少年の1年生からの記録が目に止まりました。

1年生の時は、「朗らかで、友達が好きで、親切。勉強もよくでき、将来が楽しみ」
と記録されていました。

「間違いだ。他の子の記録に違いない。」と、先生は思いました。

2年生になると、「母親が病気で世話をしなければならず、時々遅刻する」
と記録されていました。

3年生では、「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りする」
3年生後半の記録では、「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」

4年生になると、「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、 
子どもに暴力をふるう」

先生の胸に激しい痛みが走りました。

ダメと決めつけていた子が突然、深い悲しみを生き抜いている
生身の人間だと感じられたのです。
先生にとって、目を開かれた瞬間でした。

放課後、先生は少年に声をかけました。
「先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強していかない?
分からないところは教えてあげるから。」

少年は初めて笑顔を見せました。クリスマスの午後、
少年が小さな包みを、先生の胸に押しつけてきました。
あとで開けてみると、香水の瓶でした。
亡くなったお母さんが使っていたものに違いない。

先生はその一滴をつけ、夕暮れに少年の家を訪ねました。
一人で本を読んでいた少年は、先生に気がつくと飛んできて、
先生の胸に顔を埋めて叫びました。
「ああ、お母さんの匂い!きょうは素敵なクリスマスだ!」

6年生の時、先生は少年の担任ではなくなりました。
卒業の時に、少年から一枚のカードが届きました。
「先生は僕のお母さんのようです。そして、今まで出会った中で、
一番すばらしい先生でした。」

それから6年が経ち、またカードが届きました。
「明日は高校の卒業式です。
僕は5年生で先生に担当してもらって、とても幸せでした。
おかげで奨学金をもらって医学部に進学することができます。」

さらに10年が経ち、またカードが届きました。
そこには、先生と出会えたことへの感謝と、
父に叩かれた体験があるから患者の痛みがわかる医者になれると記され、
こう締めくくられていました。

「僕はよく5年生の時の先生を思い出します。
あのままダメになってしまう僕を救ってくださった先生を、神様のように感じます。
大人になり、医者になった僕にとって最高の先生は、
5年生の時に担任してくださった先生です。」

そして1年後、届いたカードは結婚式の招待状でした。

「母の席に座ってください」と一行、書き添えられていました。』

常識的な人間ほど、無意識のうちに思い込みや先入観で
人にレッテルを張ってしまいがちです。
本質を考えるより、レッテルを信じたほうが楽だからです。

しかし、この先生のように、一歩踏み込んで考えてみたり、詳しく調べてみると、
その人間の本質がみえてきたり、解決法がわかったりします。

それにしても、最後の生徒の言葉を読んで
思わず、感極まってしまいました。
教育者冥利に尽きると思います。

しかし、良く考えてみると、学習空間の先生達も負けていません。
「生徒の未来に幸あれ」と
日々生徒に向き合っている素晴らしい先生達がたくさんいます。

学習空間の生徒の皆さんには
この学習空間の素晴らしい先生達との
「一生ものの出会い」を宝物にしてほしいと願っています。

静岡の塾なら個別指導の学習空間

失敗のススメ

個別指導塾の学習空間、長泉教室のモチヅキです!

かつて、失恋をして塞ぎ込んでいる仲間に対して
“生活感”というものを全く感じさせない、「自由人」としては
世界的権威の或る友人がこんな言葉をかけていました。

「”失恋”っていうのは本気で人を好きになった者のみができる特権のようなもの。
今回お前が本気で人を好きになれたってことはとてもHAPPYなこと。
そんな相手にめぐり逢えたってことはお前、すげえついてんじゃん!」
と、、、。

何事も全力で、かつ本気で取り組まなければ、
その本質は見えてきません。

遊びでも勉強でも仕事でも恋愛でも・・・

そもそも何事も中途半端にやっていては面白くありませんよね。

だから失敗を恐れては駄目だと思うんです。
冒頭の「ワールドクラスの自由人」の言葉を借りれば、
「“失敗”ってのは本気で物事に取り組んだ者のみができる特権だ!」
ということではないでしょうか。

ある会社の社長が、入社面接で
「うちの会社は失敗をする人間を評価します。」
ということを言い出したら、優秀な人間が集まってくるようになり
さらに会社全体にも活気でてきた、と言っていました。

失敗には、未知との遭遇による「良い失敗」と、
人間の怠慢による「悪い失敗」の2種類に分けられると思います。

「良い失敗」から物事の新しい側面を発見し、学習し、
自分との闘いである「悪い失敗」を最小限に抑えることが
重要なのではないでしょうか。

失敗を恐れ、失敗を恥じ、失敗を隠そうとするのではなく
じゃんじゃんチャレンジして失敗して、そこから色んなことを
吸収していけばいいんです!

「成功の反対は失敗ではなく”何もしないこと”」
なのです。

これを読んでくれた皆さんも「一度きりの人生」を
守りの姿勢で、自分にリミッターをかけて、やりたいことを我慢して、
後悔する、なんてことはしないでください。

想うに、失敗したときに、その失敗をどうとらえるかで
その失敗が生かされるのか、その後、自分自身が成長できるかが
決まってくるのではないでしょうか

失敗を“誰かのせい”や“何かのせい”にしたときに
成長のチャンスは消え去り、失敗が無駄になります。

失敗を「自分の責任」と、真摯に受け止め、前向きに解決策を考え
その失敗をこれからの自分に役立てることのできる人間が、
その後成長し、HAPPYになっていくのだと思います。

私もこれから様々なことにどんどんチェレンジして、失敗して
「失敗」から学ぶ「失敗学」なるものを究めたいと思っています。

静岡の塾なら個別指導の学習空間